広告

2017年5月27日土曜日

確定申告の還付金を社会に還元


就職した時に、餞別で母が買ってくれたエアコンを、今のマンションに引っ越してまで使っていましたが、小型すぎてかえって電気を食うのと、ユニット下に水漏れがひどくて、買い換えることにしました。

結局、30年近く使ってたことになります。

ってゆうか、熱帯夜しか使いませんけどね。

洗濯機は社会人になってから3台目ですが、もうフタがガタガタになってしまって、2台目のように、動かなくなってしまって、排水できないまま、運ぶ際に、ベランダに水流して水浸しになったことを思い、まだ動くけど買い換えることにしました。

そして、玄関、トイレ、風呂のそれぞれ裸電球だったLEDを、リビングと寝室に導入することにしました。
LEDの蛍光灯って出てなかったんですけど、最近はあるらしい。ユニット毎回変えちゃうのとさほど変わらないのと、吊り下げ式の電気ユニットがダサかったので、天井にピッタリ付くものを買うことにしました。

今回の話題の本題ですが、それらの買い方です。

ワタシの考えついた選択肢は、

  1. ヤマダ電機のような量販店で買って取り付け依頼する
  2. Amazonで買って近所の電気店で取り付けを依頼する
  3. 近所の電気店で購入と取り付けを依頼する
の3つでした。

格安で済ませるには3はないでしょう。

でもワタシは、3を選択しました。

それも、今住んでいる賃貸マンションの管理会社の不動産屋御用達の電気屋へお願いすることです。

エアコンの水漏れは前からあったし、またマンションの電気器具の修理はこの電気屋で対応が良心的で信用できるのと、この電気屋で買えば、故障対応も言いやすいということも考えて選びました。

そこんとこの融通が、量販店やAmazonでは効きづらいというか、後ろめたい気がして。

今朝、電気屋に行ってお願いしたら、現場確認とカタログ持参と見積もりを午後すぐやってくれて、秒殺で日程も決まりました。

値引きは、エアコンや洗濯機、電灯の現状機器の処分代だけで、あとはカタログプライスですが、確定申告の還付金の範囲内に余裕で収まったのでいいかなと。

また、ヤマダ電機のような大手量販店やAmazonではワタシ1件の注文など微々たるものだと思うのですが、街の電気店は、1件の注文でも大きいはずなんですよね。

賃貸マンションが日々の電気周りのメンテナンスをどうしても頼らざるをえない街の電気店。

そういうところにお金を落とすのも、必要だと思いました。

メーカーはもちろん国産!

せっかく戻ってきた還付金ですが、金は天下の周り物。

<結論>

投資家は、お金を使うべきところでは使う。