広告

2013年5月29日水曜日

亡き父を想う。ゴルフ会員権の退会と預託金の行方

亡き父から相続したゴルフ会員権ですが、退会することにしました。

ワタシは全くゴルフをやりませんので、今まで年会費だけ払ってきたんですが、年会費が高くなったので。

最初は、売却の道を模索して、ネットで調べていろんな業者を当たったのですが、マイナーなクラブなこともあり、値がつかず、決して安くない事務手数料だけがかかるとのことで断念。

結局、クラブに直接連絡し、退会手続きを取ることにしました。



父が会員になった時、クラブに預託金を入れていて、本来ならば退会に伴い、返金されるところなのですが、高齢化社会なこともあるのか退会が多いらしく、年間で予約金返金額の上限を設けていて、ワタシに換金されるのは、平成47年!!だそうで。

ネットで調べたところ、どこのクラブも、退会に伴う予約金返金のトラブルは多いみたいで、裁判で争ってもせいぜいほんの一部しか返ってこないと。

返さないと言ってるわけではないですが、返してしまうと経営が傾くということが実情なようです。

業界として、預託金を施設の建設に費やし、会員権は会員権売買が専らで、退会による返金など、高齢化社会の到来を全く想定に入れてなかったようです。

年金制度のようですね。

ゴルフ場も自然淘汰が進むのかも知れません。

ワタシ自身が払った預託金ではないのと、預託金返金まで持っていていい会員権証書に父の名前が筆書きしてあり、名前入りの遺品が無かったので、まぁいいかと。

しかし、22年先の円の価値って、どんなカンジになってるんでしょうね?

値動きせずに額面通りでしかなく、利息もつかない資産が、いかに長期保有に向いてないか、勉強になりました。

2013年5月25日土曜日

勝手参戦記 第1回k2k2投信ブロガーズカップ経過 3rd. Month Week 4

今週の成績。¥160,980  +7.18%

充分だと思うんですが、みなさんはずっと先をいきます。ワタシは1か月置いていかれてるカンジ。


ワタシの皮算用は、この3点だったのですが。。。

  • 日本株は伸び悩むだろう→日本株の組み入れ率3%
  • 日米の金融緩和マネーが新興国に大量に流れるだろう→アジア新興国株式の組み入れで新興国組み入れは30.5%。
  • インフレ懸念でREITが来るだろう。→20%

大きく的外れでした(T_T)


アセットクラスに整理すると、以下のポートフォリオができます。

国内株式 3%
先進国株式16.5%
新興国株式10.5%
アジア新興国株式20%
国内債券 3%
先進国債券16.5%
新興国債券10.5%
J-REIT  10%
グローバルREIT10%
大きくまとめると、

  ・株式50%・債券30%・REIT20%

  ・国内16%・先進国43%・新興国41%

我ながらすごくいい分散だと思うんですが。がんばります。


ということで、6月の買付けも、このポートフォリオの比率にリバランスします。

世界経済インデックスファンド      60%
ネット証券専用アジア新興国株式ファンド 20%
SMT J-REITインデックスオープン   10%
SMT グローバルREITインデックス   10%



手の内公開 My ポートフォリオ

積立で、リバランスもせず、全くほったらかし投資のワタシですが、ポートフォリオを公開します。

方針というか、考え方は数点あります。
  • 長期・分散・低コストをモットーとする。
  • リターンの多寡は求めず、資産価値の購買力維持ができれば充分だと思う。
  • バランス型投信を活用し、リバランスをお任せする。
  • バイ・アンド・ホールド。
  • コアファンドは、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとする。
  • 国内株式は、ひふみ投信・鎌倉投信のアクティブ勢をコアにする。
  • ホームカントリーバイアスで日本株の占有率が大きくならないようにする。(目標10%弱)
  • バランス型投信の債券部分の占有率抑制のため、先進国株式と新興国株式を買い足している。日本債券の比率も下げる。
  • 米国ETFは、ドル高なので、買い足すことなく当面このまま。
  • 純金積立は、全体の10%にしたいが、先は遠い。
  • ASEAN重視。フロンティアが成長して組み込まれてくることも期待。
  • ETFや現物株式の配当などの臨時収入は即、コアファンドのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドをスポット買いする。

こんなカンジです。

<バランス型>
買付けする都度、一番安価な資産クラスに投資できることになるためお手軽だと思ってます。リバランスもおまかせ。
セゾン投信の2つのファンドとも、毎月の運用報告書が良く出来てます。
世界経済インデックスファンドは、禁煙で浮いたタバコ代を毎日500円積み立てています。(カブドットコム証券だとそういう設定が可能です)
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • セゾン・資産形成の達人ファンド
  • 世界経済インデックスファンド

<株式投信>
アクティブは理念に賛同したものを応援するつもりで。
インデックスは、バランス型ファンドの構成比を好みに味付けする位置づけです。
ひふみや鎌倉をコアに据えてもいいくらい信頼しておるのですが、藤野さんや新井さんあってのパフォーマンスだと思うので、長期投資なため、属人的な要素に左右されないようにインデックス主体でいます。でもインデックス信者ではありません。

  • ひふみ投信
  • 結い2101
  • TOPIX連動型上場投資信託
  • SMTグローバル株式インデックス
  • グローバル株式インデックス(企業型確定拠出年金で利用)
  • SMT新興国株式インデックス
  • ネット証券専用ファンド アジア新興国株式インデックス

<債券投信>
バランス型投信による日本債券の比率を下げるために積み立てています。日本債券は現預金で間接的に買ってるものと見なしています。

  • SMTグローバル債券インデックス
  • SMT新興国債券インデックス

<米国ETF>
超円高の時にドルを買いました。東日本震災で暴落したところを買い付けました。確定申告が面倒で特定口座扱いを待望しています。
  • VT
  • VTI
  • VGK
  • SPY
  • VWO
  • DBA

<オルタナティブ>
インフレに強いということで持っています。
  • SMT グローバルREITインデックス
  • SMT J-REITインデックス
<純金積立>
万が一の保険的な位置づけで、当座をしのげる程度、持っていられればと思っています。
ETFとか他の買い方でなく積立にしてるのは、プロのディーラーでも自分のプライベートでは純金積立を利用してる人が多いのだそうです。
  • KOYO証券
  • 楽天証券
  • エース交易
資産は、他に現金預金と、国内現物株式5銘柄を所有しています。

※2015年2月25日追記
ポートフォリオ公開



2013年5月22日水曜日

嗚呼、さわかみ投信

さわかみ投信を積み立てていました。

でも止めました。

そして、売却しました。

信託財産留保額が免除になる50万円ずつ何回かに分けて。

幸い、少しではありますが、評価益で、損は出ないで済みました。

直販の草分けで、個人、特にごく普通の会社員が利用できるように、という理念に感激していました。

でもね。

セミナーのたびに、「約束はできないけど、自信はある!」と力強く言ってくれるカリスマ会長が好きでした。尊敬してたし。

もちろん、そんな確約してくれ、なんて思ってません。元本割れのリスクがあるのが投資信託ですし。

でもね。

突然、社会貢献活動に専念する、と宣言し、経営から手を引くということで、後任の社長が任命されました。

それから、なかなかの好漢で人気があった仲木副社長が突然の退社。

これも、「本人の夢を追う姿勢を応援して送り出した」という説明でした。

でもね。仲木副社長就任して間もなかったんですよ。

それから、突然、またしても社長が会長のご子息(役員とかだったわけでない)に代わり、って(社長はまだ代わったばかりだっただろ?何か問題があったのか?)、投資責任者も会長からこれまた誰?のような方に代わり、しかも、その方は、他の業種から中途入社で4年目という。運用の実績も何も説明がない。

そんなこんなで、さらに、夢を追うために退社したはずの仲木副社長が突然の復帰。

何もかもが突然で、年度の途中で、結果しか知らされない。というか、正式な知らせは無く、フェイスブックで会社関係者でない人のTLから知ったということで。

一体何だ?どうなってるんだ?こんなに要職がコロコロ代わるって問題ぢゃね?

と思って、もうセミナーに出かけて問い直す気も起きず、換金することにしたわけで。

というわけで、もういいんですけど。でもね。

投信まとなびで見た、さわかみ投信の月次資金流出額。
今年に入ってから5か月連続で資金流出で、合計163億7400万円の資金流出です。

これを見て、関係各位はどう思ってるのでしょうか?

「アベノミクス相場に目が眩んで、とっとと利益確定に走る卑しい行動。長期投資家として失格。こんなところで売るなんて、他の投資家に対する迷惑行為。」

などと思ってるのでしょうか?

そういう面もあるかも知れません。

でも、上記のようなドタバタ劇を、まったく事情説明もなく、説明責任が無いと思ってる傲慢さに対して、No!と言った人々の声だと思えないのだとしたら、まったく受益者のことを思っていない証左だと思います。

会長のコラムとか見るにつけ、反省どころか、換金に走る人々を糾弾するような姿勢でおられるようにしか見えません。

「上昇率でTOPIXに勝った」「総資産額が3000億円に到達した」とか。

それで素直に喜ぶ人もおられるでしょう。

でもね。

基準価額とか総資産額とか以前に、人として何か忘れてないか?ということです。

こういうことをブログに書きたくないですが、事実は事実なので。

こんなドタバタを見せらせて、到底、長期投資などとせっかく稼いだ大事なお金を委ねる勇気はありません。

働いてお金稼ぐって大変なんですよ。

だからお金は大事。

大事だからちゃんとした人に委ねたい。

でもね。

ワタシはそんな無鉄砲でも寛容でもない。

ファンドは、運用体制や経営が命だと思います。

そんなにコロコロ代わるのなら、投信の年限を無制限などと言って欲しくないです。

インデックスファンドならまだしも、アクティブファンドは無期限というのはムリだと思います。

みなさんはどう思われますか?

<関連ブログ記事>

<追伸>2014年9月1日

辞めたり復帰したりの仲木副社長は、結局、さわかみ投信を退職。

ユニオン投信の社長に就任されました。
http://www.unionam.co.jp/beginner/index.html

本件、やはり、さわかみ投信の受益者には何ら説明はありませんでした。


<追伸>2014年10月30日

「ザ・テノール 真実の物語」http://the-tenor.com/#topという日韓合作映画が、「製作:さわかみグループ」となっていて、「エグゼクティブプロデューサー:澤上龍」となってます。
こんな浪費するなら信託報酬下げろと言いたくならないのでしょうか?また、経営で多忙なはずなのにこんな副業をするとは角川春樹にでもなったつもりでしょうか?

2013年5月19日日曜日

勝手参戦記 第1回k2k2投信ブロガーズカップ経過 3rd. Month Week 3


5月の第三週です。

¥164,264。

J-REITが含み損となりましたけど、こういう為の分散ですからね。

騰落率+9.37%で、充分なんですが、みなさんがスゴすぎます。

最下位の¥168,499に4千円も離されちゃってます。
  • 日本株は伸び悩むだろう→日本株の組み入れ率3%
  • 日米の金融緩和マネーが新興国に大量に流れるだろう→アジア新興国株式の組み入れで新興国組み入れは30.5%。
  • インフレ懸念でREITが来るだろう。→20%
という目算は全て外れています。というか裏目に出ています。

やっぱり、相場観無いわ。ワタシ。(T_T)

第一週のトップと最下位が入れ替わる大混戦。

それとは全く蚊帳の外のワタシ。。
辛抱辛抱。

来月も初志貫徹で、同じ買付けでリバランス。。

2013年5月12日日曜日

勝手参戦記 第1回k2k2投信ブロガーズカップ経過 3rd. Month Week 2


5月の第二週です。

先週リバランスしましたが、早くも動きが出てきています。

¥162,858。

仮想通貨で投資額が15万円。評価益1万2858円。騰落率+8.5%です。

いいじゃん。と思うのですが、ダントツで最下位。

みなさんの成績はこんなカンジです。

日経平均が大幅に伸びた影響で、ワタシは、みなさんに一週分置いていかれたカンジです。

日本株の割合が少なすぎる影響が出ています。組み入れ比率3%ですから。

どこまで伸びるんだ?アベノミクス!

感想;日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル

ツイッターとかで結構話題になっていたので、読んでみました。

「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」橘玲著

結論から言うと、難しい。

わかりやすく書いてある、という書評が結構多かったような印象ですが、ワタシのレベルでは難しい。

資産防衛策なるものも、危機発生時のレバレッジ取引とか、到底ムリな感じ。かえってダメージでかくなるんじゃないか、というよりも、何?それ?という感じ。

たぶん、この本を読みこなせる人には、この本は必要ない、というか。まぁ、解る人には説明はいらないというのは、何事につけ同じなのかも知れませんけど。。。

これだったら、策よりも、国家破産になると何がどうなるの?というのを、もっと実例をもって、しかも生活者目線でいろいろ具体的に解説してくれた方が良かった。

国家破産ってどんなカンジになるの?というのが解らないんですよね。

国債が暴落して金利が暴騰して、、などと言われても、具体的に、どうなるの?

預金口座の1000万円までの保証も外れてお金引き出せなくなるの?か、とか、円が機能しなくて物々交換になるのか?とか、あまりそういう生活者目線の説明して下さる方がおられなくて。

って解ってないのは、ワタシだけ???

本書に、金はいざとなればただの石になる可能性がある、みたいなことも書いてあります。

確かにそうかも知れません。

でも、親子や兄弟さえ殺し合うような生き馬の目を抜く完全な無政府状態だった戦国時代でも、兵力動員の報奨や恩賞は、金だったり、商人とかもいて永楽銭とか貨幣流通もあったわけで、そういう価値交換の保証はどうなってたのか?とか、思うと、金が信用できないとか、通貨が使えなくなるとか、一体どういうことなのか、戦国時代からさかのぼって、原始時代みたいな取引になるのか、とか。疑問は尽きません。

だから金だ、とか楽観はしてませんが、国家破綻って、どこまで破綻するの?というのが解らないんですよね。

まずそこから。

想像しちゃうと、昔映画で見たマッドマックスとかの、暴力と略奪の救いのないバイオレンスな殺し合いの弱肉強食な世界?みたいなこととか思ってしまいますが、そんなんだったら、資産防衛で、レバレッジ取引なんて言ってるよりも、体鍛えて肉弾戦に耐えうるように鍛え上げて、、とかの方が、人間という動物の生命的な防衛っぽいですが。

経済的に破綻するのと、無秩序になるのとは違うか?

でも、経済的に破綻すると、国家、国体維持に支障ないの?

警察とか自衛隊って無給でも機能するの?とか。

でも、ギリシャとかそんな様子は無いし。

う〜ん。わからない。

海外口座への資金移動というのも書いてありましたが、確かに、破綻した国から財産を逃亡させておくというのは解る気がしますが、その前に引っ越せよ。と。

たとえば、日本に暮らして日本の銀行だったとしても、預金通帳も印鑑も無くした状態で、自分の口座だと証明する手続きとかスンゲェ大変そうだし、それなのに、住んでもいない国で、居住を装って開設した口座に入金しといたお金なんて、いざという時にどれだけ頼りになるのか、よく解りません。

日本で口座開くって、ちゃんと居住してる証明で、キャッシュカードとか書留で送ってきたりして、厳密じゃないですか?架空の住所で口座開くなんて到底ムリなカンジですよね。国内でも。

オフショアって、居住地とか、どうやって証明したり、確認したりしてるんだ?

ってそういう面倒なことをエージェントが介在してやってくれるのかも知れませんが、そんな架空の居住とかで設けた口座なんて、大丈夫なの?とか。

とにかくそういう未知の無限のリスクがあるような気がして。。。。

というわけで、いろんな妄想を繰り広げた読書でしたが、国家破綻すると大変そうだということだけは解りました。

せっかくいろんな策が書かれていましたが、「解らないものには手を出さない」というセオリーに従わざるを得ず。なさけないわ。。。

ただし、橘玲さんの著作で以前読んだ「臆病者のための株入門」は、ワタシのような初心者にも解かるものでした。

2013年5月4日土曜日

含み損挽歌

大半で含み益が出ていますが、利益確定することもなく、ほったらかしで積立続行。

やることがないので、今、含み損抱えてる資産を紹介します。

【純金積立】


今年に入ってから始めたばかりですけど、含み損です。

年初でしばらく高値つかみが続いて、今、ちょっと下がってるので、含み損。
年明けから上がり続け、これでもかってゆう矢先に30年ぶりの大暴落。

そして最近半分くらいに持ち直し。ということで、含み損です。

金に関しては、インフレ対策。購買力の維持が目的です。

総資産の1割が上限。金利もつかない守りの資産です。

とにかく、毎日の値動きがトリッキーで、予想ができませんし、今日この日の動きも、後から理屈をつけることもできません。

でも、金が上がる時って、あまりいい状況ではないですから、地味で丁度良いかも。

純金積立のブロガーさんを見たこと無いけど、ワタシは嫌いではありません。

毎日積立が行われるので、分散を満喫できます。


【米国ETF】コモディティ 農産物連動ETF(DBA)


円安の恩恵で、かなり持ち直してますけど、これもかなりの含み損。

ドル建ての評価損益は、マイナス25%。

2011年の年初。このグラフの真ん中の山のてっぺんで買ってます。

そのまま右上がりかと思ったんですがねー。
人口爆発と、食糧難のダブルパンチが起きると、暴騰するんでしょうね。

でもそんな日は来てほしくない。けどきっと来るから買っておく。ということで持ってます。

他人から見ればただの塩漬けでも、自分的には、バイ・アンド・ホールドのつもりです。


【国内現物株式】パナソニック(6752)


常盤貴子主演のNHKドラマ「神様の女房」とか松下幸之助の伝記を読んだり、高度経済成長の奇跡を成し遂げた名門。

復活に希望を託したい。

頑張って一旗上げて欲しいです。ウチは掃除機も布団乾燥機も乾電池もパナソニック製品です。(冷蔵庫はありません。テレビはシャープです。)
投資というのは、いい時はもちろん、良くない時も、投資先の関係者の方々と同じ釜の飯を食うようなつもりで、ヤバくなっても決して先に逃げ出そうなんて考えずに、「このまま共に沈んでもいいんだから」くらいのつもりでいないとやってられません。

ということで、反対!損切り!

名門復活、信じてます。

2013年5月3日金曜日

勝手参戦記 第1回k2k2投信ブロガーズカップ経過 3rd. Month Week 1

5月に入りました。3回目の買付け(入力しただけですが)をしました。

ここでファンド単位でリバランスをしましたが、どんなポートフォリオになってるのか見てみましょう。
¥157,334。

ほぼ最下位(T_T)ですが、騰落率+4.9%です。

AIJとかMRIには到底及びませんが(笑)、実際、こんなもんで充分ですね。

アセットクラスに整理すると、以下のポートフォリオができます。

国内株式 3%
先進国株式16.5%
新興国株式10.5%
アジア新興国株式20%
国内債券 3%
先進国債券16.5%
新興国債券10.5%
J-REIT  10%
グローバルREIT10%
大きくまとめると、

  ・株式50%・債券30%・REIT20%

  ・国内16%・先進国43%・新興国41%

我ながらすごくいい分散だと思うんですが。がんばります。