広告

2015年6月28日日曜日

コツコツ投資家がコツコツ集まる会 in 鹿児島 Vol.9に参加してきました。

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 鹿児島 Vol.9に参加してきました。

予算の都合で東京から日帰り弾丸ツアー。

<ワタシのコツコツ投資家の会への参加状況>※各地の規模の目安
札幌 参加!(10名強うち女性1名
函館 新設 →再来週開催。参加予定です
所沢 参加!(7名うち女性1名)※ランチ
東京 参加!(30〜40)第一水曜 
横浜(女子部)参加!(女性16名)※ゲストブロガーで呼んでいただきました。
金沢 参加!(7名)
京都 参加!(22名うち女性3名
福岡 参加!(7
鹿児島参加!(4※ランチ過ぎのお茶会☆今回☆
沖縄 参加!(8名うち女性3名)※ランチ

1.雨男
ワタシは、雨男。
東京から、阪神甲子園球場に観戦に行ったはいいものの、雨天中止。
観戦できずに引き上げてきたことがあります。
今週の鹿児島は、50年に一度の降水量と言われるほどの雨模様。
今日も土砂降りでした。
空港からのバスから降りたくね〜の図。

2.食うぞ!vol.1
鹿児島といえば黒豚。
無計画極まりない弾丸ツアーでは、バスの中で必死こいてネット検索。
って、WiMAX死んてるじゃん。Softbank4GもDead。3Gだけ。
docomoLTEだけは元気。おい。充電してきてないぞ。
ということで、鹿児島市内のど真ん中、天文館通りの店をピックアップ。
GPSが自分を捕捉する前に店に到着。アナログ世代なめんなよ。
ワタシは48歳。もう脂身などイヤだという年齢なのに、迷わず、黒豚ロースを選択。
なんとなく、ヒレよりロースの方が黒豚らしいのかなと思っただけ。
これはマジ美味かった。
ご飯一回おかわり無料だったけど、焼け石に水の自重。。。
妙に自慢げな黒豚販売指定店証なる表示。このプライドでTPPの波に負けるな!

3.着いた?着いたのか?ここでいいのか?
今度は、グーグルマップとGPSに任せて、会場に向かいます。
でも看板一つ無い地味な横丁。
え〜?ここ?入りづらい雰囲気。近づきがたいカンジなんだけど、グーグルマップはここだと言っている。
ということで郵便受けを見てみる。確かにここだ!着いた!着いたんだ!!
幹事の前田さんが会員になっている貸しスペースというか、多目的会議室ってゆうのか。
中はこんな綺麗なカンジ。
参加は男子4名。
種子島から1時間かけて船でやってくる皆勤賞の常連さんは今日は都合がつかず欠席。
幹事の前田さん以外、ワタシを含む3人は初参加でした。
前田さんから始まって3人自己紹介が終わった時に1名遅刻してきて、また自己紹介が振り出しに戻る。
こういう時、よっぽどの用事がない限り、時間に余裕持って来ないと、こういうことになってちょっと迷惑です。東京から乗り込んだ身としてはそう思ったわけです。

会はキッチリ1時間半。全国で最もコンパクトなコツコツの会です。

<概要>
  • 直販の話。
  • さわかみ投信。世代交代って大変だよね。やっぱり直販ってカリスマ一代限りなんじゃね?華が無いよね。
  • ありがとう投信。さわかみ、ありがとう、セゾンの三つ巴の珍しいセミナーを聞きに言ったことあるけど。。。
  • ひふみ投信。月次の運用報告会混んでて予約入れられない盛況。ひふみプラスって信託報酬安くならないのは初耳。運用報告会も有料なんだって。やっぱり直販売りたいんだね。
  • 鎌倉投信。受益者総会は楽しい。プロフェッショナル仕事の流儀は良かった。ガイアの夜明けも良かったよね。
  • セゾン投信。日本郵政との提携キックオフ会に参加した。中野社長は大人しかった。でもセゾンは規模がデカくなっても、ファンドマネジャーが交代しても、基本的に決めた配分をリバランスするだけの運用だから、直販の中で一番生き残る可能性が高いかもね。
  • でもインデックスの方がパフォーマンスがいいんだよね。インデックスでいいよ。インデックスで。
  • NISAってどうよ?去年売買して大儲けした。二年目もやってる。二年目はもう止めた。期間が長くなるという噂があるらしい。今のままじゃ短いよね。
  • NISAよりも確定拠出年金が本命だよね。でも今国会で改正法案が可決しそうも無くなってしまったのが残念。60歳まで引き出せないけど、何度でも無税で利益確定できるのは大きいよね。事務手数料と信託報酬の両方見て金融機関を決めないとね。確定拠出年金って金融機関途中で変更できるの?企業型から個人型へは移行したことあるけど。品揃え次第で金融機関変えられるといいけどね。
  • 子供名義の口座で積立してるけど、譲渡税とかかからないのかな?売ったことないからわからない。ひふみとかセゾンとかコモンズとか子供口座あるけど、親から子への譲渡税ってどうなってるんだ?いつかかるんだろうか?
  • セブン銀行のATMができて本当に助かっている。ネット証券もゆうちょ銀行使えないと鹿児島はつらいわ。話にならない。⇒コツコツ沖縄でも同じ話が出てました。カブドットコム証券はゆうちょ銀行使えますよ。
  • 米国ETFは、まとまった金額じゃないと買付け手数料負けするからなぁ。NISA口座で手数料無料の恩恵で少額買付けしてる人々はいる。でもまとまった金額で普通にやるのは、厳しいよね。まとまった金額になるまで投信で積み立ててるんだったら投信のままでいいや。
  • 九州南部は、竹川美奈子さんとか島田知保さんとかゲストが来てくれない。福岡までしか来てくれない。来てください。ゲスト呼べるコツコツの地域はいいよね。
  • 外国債券も分散していいじゃんね。山崎元さんのコメントの影響が猛威を振るってるけど、債券にも分散してた方がいいような気がする。
<結論>
  • 金融機関ATMの選択肢の無さによる不便さは、思った以上にネックらしい。沖縄でも同じ話が出ていた。
  • 鹿児島はゲストも来てくれなければ、セミナーも殆ど無いらしいので、気の毒でした。

4.面白い街。鹿児島市。
こんなカンジでキッチリ1時間半で終わって解散になってしまったので、土砂降りの中、少々散策しました。ほんの少しね。

<1>割りと初めてだった路面電車
すげー。路面電車走ってるよ。都電荒川線とか江ノ電は乗ったことあるけど、路面電車。
乗ってみたかったけど、路線がいくつあるのかわからないのと、行き先の地名がわからない。
行ったまま帰ってこれないといけないので、乗るのは断念しました。けど、都会育ちの田舎者のワタシには感動的な風景でした。帝都物語みたい。
<2>巨大な駅の上に?!
鹿児島中央駅って、昔、確か東京から寝台特急が行ってたと思うんですが、デカい駅でした。博多駅みたい。九州ってすごいな。
でもその巨大な駅の上に、大観覧車があるのはすごい。高所恐怖症のワタシには信じられない。
蒲田の東急ストアの上にあるミニ観覧車、という構図をデカくしたカンジ。
かなり本格的な大観覧車でした。
建物の上に建てていいんだ。こんなの。

<3>
朝、うっかりマスクを忘れてしまったんですが、豪雨のおかげで桜島の灰を浴びずに済んだんですが、桜島が見えるはずだったのに、見えませんでした(T_T)

5.食うぞ!vol.2
ということで、ほどほどで空港に戻り、早めの夕飯。
やっぱり黒豚でいきました。
今度はステーキ。
これも美味かった。弾丸ツアーでありながら、カロリーは数泊したような高カロリーでした。
大体、空港のレストランなんてロクなところがないものだけれど、鹿児島空港のレストランはどこも結構、ネットでの評価が高かったです。今回行ったのは、最上階の一番奥にあるというかわいそうな立地条件の洋食屋さん。接客も良かったし、美味しかったです。

ということで、宿泊は削ったものの、やっぱし飛行機にせよ新幹線にせよやっぱり金はかかります。お金の使い方的には、今年の夏休み第一弾の今回の弾丸ツアーは、自宅を出かけてから帰宅するまでほぼ12時間で完結したのでした。

以上


<コツコツ投資家が集まる会の開催告知を見る方法>
  • フェイスブックで、「コツコツ投資家がコツコツ集まるファンページ」を「いいね!」すると告知や参加記が参照できます。
  • ツィッターでハッシュタグ#k2k2で検索すると、告知が見れます(ツィッターでは、すべての地域の会の告知がされるわけではありません)
  • 女子部(横浜)は、幹事のえるさんのブログのTOPページ(http://blog.livedoor.jp/beer2009/)で告知されます。

=====

<ワタシが参加したコツコツ投資家の会についての感想エントリ>

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」に初参加でしたっ!!

(スミマセン。所沢のは書いてません。。)

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 札幌」に初参加でした!
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2013/11/in.html

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 金沢」に初参加でした!

「がんばれ!コツコツ女子!!」
「コツコツ女子部に参加します」
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(福岡)」に初参加でしたっ!!
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/10/in-vol16.html

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 京都」 に初参加でした!!
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/11/in-vol13.html

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 沖縄」 に初参加でした!!
http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/11/in-vol26.html

コツコツ投資家がコツコツ集まる会 in 函館 Vol.1に参加。全国行脚コンプリート!!

コツコツ投資家が集まる会についての全国行脚大百科



2015年6月14日日曜日

読書感想:「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」

「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」を読みました。
全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
この本は、4年前に出た本の全面改訂版です。
個人インデックス投資家の水瀬ケンイチさんが執筆してインデックス投資を紹介したというのが画期的だった。
それの今回、全面改訂版ということです。

前回は、水瀬さんのパートと、山崎元さんのパートが、前半後半でキッチリわけられていました。正直、ワタシには、水瀬さんのパートが半分くらい理解できた程度。山崎さんのパートに関しては難しくて手も足も出ませんでした。

今回は、水瀬さんと山崎さんが同じ場にいて会話しているかのように、ひとつのネタにそれぞれの意見を重ねて記載するという凝った作りになっています。
個人投資家の水瀬さんと、楽天証券所属の金融のプロたる山崎さんの考えの一致するところや相違点がよくわかり、草稿段階で面倒だったと思うんですが、翼くんと岬くんのパスのコンビネーションのように進んでいく軽やかな構成は、とても読みやすいものでした。

推奨ポートフォリオに関しては、気のせいか「国際分散投資」というキーワードが見当たらず、昨今話題の「外債いらず」の論調が全面に出た「外国株式と日本株式」からなるポートフォリオを推奨してありました。
ワタシは、伝統資産である債券・株式を先進国・日本・新興国の組み合わせでGDP比率や時価総額比率などで配分する国際分散投資を実践していますし、標榜しておりますので、そこのところは意見が分かれるところだと思います。

入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版


このように、ワタシが今回思ったのは、この本は、全く知識なしの入門者や、自分なりのポートフォリオがまだ確立されてない人向けではなく、ある程度、資産運用を実践している個人投資家が、「意見交換」のつもりで参考に読むのが良く、あまりこの本をバイブル視するのは少し考えに偏りが出るのかなという気がしました。

入門者、初心者の方には、やはり竹川美奈子さんの本中心に読むことをオススメしたい。

将来を心配するワタシを資産形成へと導いてくれた本たち


いずれにせよ、本業のサラリーマン稼業の合間を縫って執筆した水瀬さんに敬意を表したいのと、常日頃から有料講演会の講師としてインデックス投資活動の啓蒙をなさっているセミプロ級の経験と知識をお持ちであるとはいえアマチュアのいち個人投資家が世にインデックス投資の存在や意義を発信することは画期的なことであることは間違いありません。

2015年6月3日水曜日

eMAXISブロガーミーティング前夜に思うこと

eMAXISインデックスシリーズの三菱UFJ投信では、非定期に著名ブロガーを投資家代表として募り、意見交換会を開催して謙虚に耳を傾けてくれています。
今回は明日夜。10名選抜で行われます。
(ワタシなんぞは到底列席できない。諸先輩方で。)
http://emaxis.muam.jp/text/20150522oshirase.pdf

どんな意見が出るだろうなぁ?と考えてみました。
というかワタシは何言いたいかなぁと。

実は、月報がわかりづらいんです
ということかなぁ。

順を追って述べます。

1.説明会・資料最高のひふみでさえ満点でない資料の見やすさ
ワタシが積立投資で利用しているひふみ投信というアクティブファンドがあります。

年度末の運用報告書はもちろんのこととして、毎月二回の月報を出し、さらに対面の月次運用報告会(ひふみアカデミーと言います)を行うという、ワタシが知ってる投資信託では最も我々投資家への説明責任というか透明性確保に力を入れているのが特徴です。

最近では、ファンドの設定来の最高値を更新する日も少なくなく、破竹の勢いで驀進しているものと思ってました。
<資料1 ひふみ投信月報より:ベンチマークとの比較推移の折れ線グラフ>
(出典:ひふみ投信月報最新版より)
これを見ると、

  • ファンド設定来の最高値を更新してうなぎ登り
  • 比較対象となるTOPIXを突き放しながら両者の差は開く一方
であるかのようにしか見えません。

<資料2 ひふみ投信月報より:ベンチマークとの比較対比表>
しかしです。同じ月報の上記折れ線グラフの隣りに載ってる比較表を見てみます。
(出典:ひふみ投信月報最新版より)
これを見ると、
  • ひふみ投信は、騰落率で、当月も、ここ半年も、ここ一年も、TOPIXに負け続けている。
  • ひふみ投信が、TOPIXをぶっちぎってるのは、設定来の騰落率である。TOPIXの3倍くらいの騰落率を誇っている。
というのが実情です。

月報見るまで全くイメージにありませんでした。まさかですよ。開けてびっくり。

表とグラフは、それぞれ役割がありますから、こうして両方見れるようになってる資料だからわかることなので資料としてはいいと思うんです。

でも、これから投資を始めようという人には、
  • 「他のアクティブファンドよりマシだけど、ここ最近は失速している。」
  • 「インデックスファンドは侮れない」
の2点の情報が重要なんじゃないでしょうか?

このようによくできた資料だからこそ、ひふみ投信の資料でさえ、ちょっと文句を言いたくなる気になりますよね?

2.さて。本筋に戻して。
明日、我々個人投資家の代表と意見交換会をするという三菱UFJ投信のeMAXISは。

<資料3 EeMAXISインデックスTOPIX月報より:ベンチマークとの比較推移の折れ線グラフ>
(出典:eMAXISインデックスTOPIXの最新月報より)
この折れ線を見ると、インデックスファンドの基準価額は、着々とベンチマークのTOPIXを引き離しにかかっているように見えます。

次の資料。
<資料4 EeMAXISインデックスTOPIX月報より:基準価額とベンチマークとの比較推移表>
(出典:eMAXISインデックスTOPIXの最新月報より)
この比較推移表を見ても、資料3のグラフと同様、ファンドの基準価額が、ベンチマークであるTOPIXとの差をジワジワ開きつつあるように見えます。

ここで不思議があります。
  • ファンドの基準価額
  • TOPIX

の両者は、同じ土俵なのでしょうか?
資料3のグラフの下に、「基準価額は、税引き前の分配金を再投資したものである」とあります。
分配金再投資でしかも、我々投資家の手に入らない税を引く前の分配金が丸ごと再投資されている基準価額が、丸腰のTOPIXに勝っているというのです。

これってフェアなんでしょうか?
分配金を加えて高めに出した基準価額が、配当金を加算せずに低く出したTOPIXを上回ってると胸を張るのはフェアなのか?


ということで、ワタシが明日の意見交換会に出たならば、この点をぶつけたい。

【結論】
・基準価額の分配金再投資の値は、税引き後分配金再投資の値とする。
・基準価額(税引き後分配金再投資)と比較するのは、TOPIXの配当金込みの指数とする。
・この解釈で、eMAXISシリーズの中で統一するのはもちろんとして、野村も三井住友トラストアセットもニッセイも含めた業界全体で統一する。

ということを言いたい。

自分で出した答え⇒資産運用で、今、思い悩んでいること

先日、「資産運用で、今、思い悩んでいること」というブログ記事に3点、今懸念している点を挙げてみました。
よくよく考えてみた結果、
  • 将来は誰も読めない
  • 過去の値動き(期待リターン・想定リスク・資産区分間の相関)は将来を予測できるものではない
の2点において、自分はブレないこととしました。
つまり、
  1. 国内債券は安全資産なのか?
  2. 外国債券(先進国・新興国)は外すべきなのか?
という二点に関しては、

将来はどうなるかわからない⇒シンプルに分散投資する

でいいのだということ。
過去のブログ記事で記載したワタシの資産配分(ポートフォリオ)について述べたエントリの通り。
つまり、(先進国・日本・新興国)×(債券・株式・REIT)の9資産区分で、ワタシの場合は世界経済インデックスファンドによるGDP比率によるウエイト付けにするだけです。

債券と株式の全世界に占める割合は、それぞれ60%と20%くらいということで、やっぱり債券は無視できない、株式と並ぶ伝統資産ということです。

【結論】
バランスファンドでコア資産の80%を形成し、20%でアクティブファンドやコモディティ、REITを形成する今のポートフォリオは変えない。
時流に合わせて変化対応させていくのは、GDP比率が変化した際の資産配分の変化。それは世界経済インデックスファンドが年一回やってくれますからそれに委ねると。
ということで、投資方針書ver.2はそのまま完遂していくことで自分の中のゆらぎが収まりました。