広告

2016年7月29日金曜日

ワタシの利用する投資信託についての自画自賛シリーズ(その②)SMTアジア新興国株式インデックス

ワタシが資産運用で現在買っている投資信託を、ひとつづつ、自画自賛するシリーズ。

コツコツ投資家が集まる会@所沢の主宰者で、著名ブロガーで専門誌や日経新聞にも取材を受けているエムアットさんから、嬉しいツィートいただきました。
ありがとうございます。

エムアットさんご自身は、アクティブファンドを中心に資産形成に取り組んでいらっしゃいます。
プロ顔負けの造詣の深さで、性格穏やかで、非常に相談しやすい優しい方です。

ってワタシより6歳も若いなんって知った時はワタシは少々ショックを受けました。

FOYというのは、投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーというのが毎年開催されていて、業界の圧力や、やらせ一切なしの正直ベースの投資家目線の投資信託のコンテストです。
http://www.fundoftheyear.jp/2015/

「年に数回しか更新しないけど、投資資産運用のブログを運営している」という方はそれだけで投票資格があるので、ツィッターで開催委員のエムアットさんをフォローして、開催情報を得てみてください。

さて。本題。

ようやく辿りつけた感のある資産構成

とりあえず、この(↑)記事で紹介した通り、ワタシの資産構成は以下のようになっています。
  • 世界経済インデックスファンド 60%
  • ひふみ投信 4%
  • 結い2101 1%
  • SMTアジア新興国株式インデックス 1%
  • 野村DC外国株式インデックス 8%
  • eMAXISバランス8資産均等 1%
  • 現預金 25%
第二回の今回は、SMTアジア新興国株式インデックスです。

公式サイトへのリンクを付けておきます。

このファンドは、新興国の中でもアジアの8カ国(中国、韓国、台湾、インド、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン)に投資するもので、「MSCIエマージング・アジア・インデックス(円換算ベース)」に連動することを目指しています。

このファンドを持っている理由は3点あります。
  1. ネット証券4社の企画した資産倍増プロジェクトに何らかのカタチで参画して応援したかった。
  2. 新興国が好き
  3. ASEANに投資したい
ということで。

1.ネット証券4社の企画した資産倍増プロジェクトに何らかのカタチで参画して応援したかった。
SBI証券、マネックス証券、楽天証券、カブドットコム証券の4社が共同で立ち上げたプロジェクトです。
2011年に立ち上がったこのプロジェクト。当初は、投資ブロガーのみなさんはワタシを含めて色めき立ちました。何が始まるんだろうと。
結局、フタを開けたら、専用投信なる投資信託を運用会社から企画募っていくつか設定し、窓販の顧客をネット証券に引っ張り込もうとする程度のものだったのです。

ワタシとしては、それでも、同業者がひとつの取り組みで力を合わせるのはそれだけでも大変ですし、第一歩としていいんじゃないかと肯定的でした。

でも、投資ブロガー重鎮の水瀬ケンイチさんとかrennyさんは、かなり強硬に糾弾し、若いこれから投資を始める人達を啓発して投資家・資産運用の裾野を広げる活動を牽引するのがネット証券の社会的役割だろう!ということで、「まぁ一歩目だからいいじゃん」というワタシと両名はツィッターで激突。

ワタシは、両重鎮からフォローを外され、干されるカタチとなりました。

ということはどうでもいいんですが、ワタシとしては、窓販の大手証券会社が投資家を食い物にして売れ筋になっている高コストの分配金投信を、ネット専用ファンドがマネする中で、掃き溜めに鶴のように1つだけ、SMTアジア新興国株式インデックスがあったのです。投資信託の期限が無期限であることは長期投資の上で必須条件ですが、ネット専用ファンドの中で無期限なのは、このファンドだけでした。

これは、目標ベンチマークの指標の構成銘柄を丸ごと買い込んでその市場平均を狙うことを目的とするインデックスファンドだし、安価だし、アジアだ、ということで、このプロジェクトに参加できそうだということで、このファンドの設定初日から今日に至るまで、カブドットコム証券で、毎日500円ずつ自動買付けしています。

2.新興国が好き。
とにかく、新興国が好きですね。ワタシは。

勤勉で勤労の日本人、という時代、日本は高度経済成長を遂げました。
大家族で兄弟も人数多いのが当たり前な時代。
貧乏でも幸せだった時代。
今、新興国がその入口に立とうとしているのだと思うとワクワクしませんか。
人口ピラミッドも、少子高齢化ですっかり若い層が萎んでる日本に対して、新興国は若いし、末広がりな人口ピラミッド。
そして人口も増える右肩上がりなのですね。

そういう成長する分野に投資したい。経済成長を見守りたい。というのが新興国好きな理由です。

3.ASEANに投資したい
アセアン10カ国。
  1. ラオス
  2. タイ
  3. ミャンマー
  4. ベトナム
  5. カンボジア
  6. マレーシア
  7. シンガポール
  8. インドネシア
  9. ブルネイ
  10. フィリピン
ワタシはシステム開発を主とするIT業界にいたので、もう日本のシステム会社は、自社で日本人で開発せずにこれらのハングリーな安い勤勉な人材あふれる国々に外注しています。

勤勉な日本人という言葉は今は昔。もうとっくの昔に死語です。

ワタシの前職は、仲間も部下もこれらの国々から出稼ぎで来日しているエンジニアでした。

NHKのロボットコンテストでも、これらのアセアンの国々の大学や専門学校がすごいのは一目瞭然ですよね。

そういった意味で、これらの国々が自立して起業して、先進国に進出するようになると、先進国の国々は太刀打ちできません。技術力もコストの安さも。

ということでアセアンに投資したいと思ってたんですが、アセアン成長国ファンド(公式ページへのリンク)ということで、信託報酬1.8%とバカ高で、手が出ない。

アセアンに投資できるファンドを待ってたんです。

ワタシの考えるこのファンドの長所と短所は以下の通りです。

【長所】
  1. これ一本で世界の半分以上の人口を有するアジア8カ国538銘柄に分散投資できる。
  2. アジア、新興国に投資できる信託報酬の安いインデックス・ファンドは珍しい。
【短所】
  1. まだ総資産額が12〜13億円で、償還の懸念が絶えない。
  2. ワタシとしてはアセアン希望なんだけど、中国・韓国・台湾で75%くらいを占めている。
  3. 新興国の宿命で、アメリカの利上げの状況や外的要因に弱く、値動きの変動が大きい。一時期、「資産倍増プロジェクト」の名にふさわしく、基準価額が2万円を越えている時期がありましたが、今は、1万6千円くらいを上下しています。
ということで、投信まとなびで資金流出入状況を見てみましたが、辛うじて資金流入が続いているようです。
(出典:投信まとなび)

<結論>
新興国に投資するのであれば、新興国全体に投資するインデックスファンドがいいと思う。
新興国全体でなく、このファンドを買う場合は、中国や台湾の経済成長やアセアン好きであること。

アセアンですと、i-mizuho東南アジア株式インデックスファンドがあります。

これも信託報酬安くていいですが、分散が40銘柄程度なので、少し不安。

値動きを比較するとこんなカンジです。
(出典:モーニングスター)
橙色:SMTアジア新興国株式インデックス
赤色:i-mizuho東南アジア株式インデックスファンド

橙色の方が高い時は高いやん」と見ますか?

ワタシはむしろ、「赤色の方がリスク(変動幅)が抑えられてるやん」と見ます。

たった2〜3年の短期間の動きなので、動きが抑えられていた方が有利と見ます。

20〜30年スパンで考えて右肩上がりだったとしたら、短期間の動きは安定してた方がいい。

積み立てる上で、高値つかみをしなくて済みますからね。

<リンク>
ワタシの利用する投資信託についての自画自賛シリーズ(その①)eMAXISバランス8資産均等

2016年7月28日木曜日

ワタシの利用する投資信託についての自画自賛シリーズ(その①)eMAXISバランス8資産均等


他のブロガーさんと相互リンクを貼ることもなく、アクセス数向上には全く気を使ってない弊ブログですが、少ないとはいえ、読者の方々は非常に熱烈というか、ニッチなファンがいてくださるのかなと最近、自覚し始めました。

最近では、この方。
 弊ブログでいいんですか?と心配になる無責任なワタシですが、嬉しいツィートいただきました。

そこで、ブログ開設以来初の試みとして、シリーズ記事を書いてみたいと思います。

ワタシが資産運用で現在買っている投資信託を、ひとつづつ、自画自賛してみたいとおもいます。

ようやく辿りつけた感のある資産構成

とりあえず、この(↑)記事で紹介した通り、ワタシの資産構成は以下のようになっています。
  • 世界経済インデックスファンド 60%
  • ひふみ投信 4%
  • 結い2101 1%
  • SMTアジア新興国株式インデックス 1%
  • 野村DC外国株式インデックス 8%
  • eMAXISバランス8資産均等 1%
  • 現預金 25%
第一回の今回は、eMAXISバランス8資産均等」です。

公式サイトへのリンクを付けておきます。
http://emaxis.muam.jp/fund/251308.html

過去のブログ記事「入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版」で述べた通り、ワタシの主義主張というか実践している形態は、8割くらいが国際分散投資のバランスファンドで残り2割は好きなのを買う、というものです。

ワタシの場合、「eMAXISバランス8資産均等」は、NISAで買いっぱなしになっているのと、eMAXISポートフォリオの達人というコンテストで、2戦連続でグループ入賞を果たした時の賞金で記念買いしたまま。

とにかく買いっぱなしです。

ワタシの考えるこのファンドの長所と短所は以下の通りです。

【長所】
  1. これ一本で8つの資産に分散投資できる。
  2. ウエイトがついてなくて均等分散投資なので、どの資産が上位に来ても平等に順位がついて、市場平均のど真ん中を取れる気分が味わえる。
<参考:毎年、どの資産がどんな順位の騰落になるか予想するのは不可能>
【短所】
  1. リスク(変動幅の意味で)が大きく市場が小さいREITと、巨大な先進国株式が全部12.5%で均等なので、こんな平等の1票でいいのか?という不安を覚える。
  2. REITが、日本とグローバルで2つ入ってるので、25%もREITになっててちょっとオーバーウエイトだと思う。REITは不動産を投資信託化したものなので、バブル破綻とか真っ先に弾ける不動産市場に4分の1も投資するのは気が引ける。
  3. 日本株式と日本債券で、これもまた25%も組み入れられている。日本のGDPが世界に占める割合なんぞ7〜8%くらいですから。少子高齢化を迎えて、先々の伸びというのが期待しづらい日本に25%とは、ワタシの感覚ではありえない。
ということで、短所のあたりが、オススメする国際分散投資のバランスファンドとはいえ、ワタシがメインに据えない理由です。

ただ長所も大きいので、NISAとか、コンテストの主催者へのお礼という意味で買い付けるとしたら、これかなというカンジがします。

<結論>
ワタシがオススメしている国際分散投資が可能なバランスファンドの中においては、30年40年と持つには、先々、ちょっと不安な気がして、20代、30代の人にはちょっとお勧めできない。

NISAとか短期決戦向け。


2016年7月21日木曜日

79歳の母に忍び寄ってきた詐欺の電話


同居はしていませんが、79歳の母の介護と非正規雇用の仕事を並行して行う毎日を過ごしています。

母とは毎日顔を合わせていますが、それでも、詐欺の電話がかかってきました。

真っ昼間の15時頃。

「銀行カードが利用停止になっている」という電話だったそうです。

実家の電話は、詐欺防止のために、録音機能が付いており、また着信する時に、かけてきた相手に、犯罪防止のために録音機能が付いている旨のメッセージが流れます。

留守録のメッセージがワタシの声でメッセージが流れます。

そのおかげか、今まで全くそんな怪しい電話はかかってこなかったのですが、とうとう来たか、というカンジです。

母もかなり泡食ったらしく、すぐ警察に電話したものの、ワタシが仕事中の時間帯でしたので、ワタシに電話するのは憚られたらしく、晩に話をしました。

とにかく、今回、電話がかかってきたということは、犯罪組織の使う電話番号リストに掲載されているということであり、また、いろんな手口で来る以上、手口を覚えて対応するのではなく、とにかく、どんな時間でもワタシに電話するように言いました。

そして、どんなに危急な用件をぶつけられても、「息子と相談してから」の一点張りでいくという単純攻撃でいくと。

ワタシに何か事故が起きたようなことを言われたら、とにかくワタシに電話して留守電に入れておくことと、警察に相談という2点。

とにかく単純に単純に指示しました。

みなさんも、親御さんと話をして、対応を話し合っておくことをオススメします。

私達が思っている以上に親は老けている。

<結論>
対応はシンプルに。手口を覚えるのではなく、とにかく対応方法だけを決めておく。

2016年7月14日木曜日

リスク・標準偏差の意外な盲点


先日、書いたブログ記事「リーマン・ショック級の暴落!ったって戻っちゃったよね」で述べた通り、結局、英国の国民投票前の状態よりも、さらに世界全体の相場は上がっていますね。

金融商品に対して、価格が上下動する度合いをリスクとかボラティリティといった言葉で表現することがありますが、本当に今回は、リーマン・ショックほどではないにしても、短期間で上下動して、リスクとかボラティリティを思い知らされました。

これらの過去のデータを積み上げて上下動のばらつきの度合いを統計学で標準偏差と言います。

って、いっても、

「今回の記事はアカン!」とここで閉じないで!

最近、来訪始めて下さった方や、以前からの読者さんたちは、以下の2件の過去記事を復習してみましょう。

とにかく辛抱して読んでみて。

<参考過去ブログ記事>

リスクとリターンの見方入門


ね?

「何だ、昔のアイキャッチ画像はマジメだったんじゃないか」

ってゆうところは論点外としまして(冷汗)

意外にわかったりしませんでしたか?

今回ね。というかここんとこ最近ね。

やっぱりワタシでもちょっと驚くくらい値動きしたんですよ。

リーマン・ショックを乗り越えたワタシがですよ。

何で、値動きに驚いたのか。

それはね。

リスク・リターン・シャープレシオ・標準偏差とかは、基準価額での話だったんです!

そう。
1万数千円が、数千円上下して2万円越えたり、1万円切ったり、っていうノリの話で理解してたんです。ワタシ。

でもね。

資産額=基準価額×口数

なんです!!!

口数!そう。口数なんです。

ワタシが、乗り越えてきたのはあくまで基準価額の変動であって、リーマン・ショックの時と、口数が、今と昔と全然違ってきていたわけですね。

口数、すなわち資産額です。

つまり、資産額が大台超える状態になっているほど、口数をたくさんワタシは抱えている。

ということ。

ですから、今回の基準価額の変動は大したことなかったですが、口数を掛けて資産額の変動になった時に、マジですげぇびっくりしたわけです。

投資をこれから始めようという人には、リスク耐性という話をします。

どれくらいの値動きに耐えられるか。

でもね。これって、ワタシのようないい歳(49歳)して、ある程度の資産形成ができてきた人間にも当てはまるんだなって。

だってね。年収の何倍もの金額が毎日上下動するんですよ。そりゃ、リスク耐性なんてわかっちゃいたけど、それは南海トラフが来た!ってなもんでしたよ。

そりゃそうですよね。

自分の人生で最大額の資産を持ってる、という状態がこれからずっと続いていくでしょう。

毎日、積立続けてるわけですから、口数も日々増えてるわけですよ。

だからね。口数の分のテコの原理が働いてすごい変動幅になる!ということを言いたかったのです。

この話、不思議と、著名ブロガーの記事に書いてない。著名専門家の本にも書いてない。

ワタシならではの体感した実体験の経験談でした。

<結論>
アイキャッチ画像の路線は戻さない。

2016年7月7日木曜日

リタイヤ、セミリタイヤの注意点


老後に備えて資産運用している投資家が集まると、リタイヤ、セミリタイヤの話題になったりします。
全面的にリタイヤできるだけの財力を蓄えることができるか、現在49歳で億り人のワタシでさえ、全面的にリタイヤという勇気はありません。

介護を抱えているせいもありますが、何があるかわかりません。

働けるうちは、収入があった方がいいとワタシは考えます。

勤務していた会社では、ワークロードがきつすぎて両立できないので、 早期退職優遇制度を使って退職しました。

ちなみに早期退職優遇するのは会社の都合ですので、失業保険給付に必要な離職票に記載される退職理由は、「会社都合」が金額は3倍、早期給付開始、給付期間も長いということになりますが、モメたくない会社は、「自己都合」にしてきます。

離職票は退職して半月くらい経過してから会社から届くので大抵はあとの祭りです。

ということで、職探ししましたが、まぁ厳しかったですね。

早期退職優遇制度を利用した退職と言えど、「リストラに遭った人」扱いされて、本当に厳しい。

まず同業者は、ムリでしたね。所詮同業者にするにしたって、 介護を抱えながら働けるはずはないということでは前職と代わりなく、非常に厳しい思いをしました。

転職エージェントは、全然「転職」ではなく、担当者によって担当業界が決まっているので、転職どころか、同業者しか紹介してくれません。

ということでワケありのワタシからは、この辺で転職エージェントは次々と離れて行きました。

問題はこれからです。

恥を忍んでハローワークという名の職業安定所に通いましたが。。。

年収のレベルを下げるというか、外資系で社内のスタッフ・オブ・ザ・イヤー(年間MVPのようなもの)を受賞して、部下50人だった、、、などという職務経歴書は、中小企業は、まず門前払い。

ワタシは、正直、求人市場は、ワタシを大歓迎してくれるものだと思っていた。

まず、こんな外資系の大企業からウチに来るなんて、ワケありなんじゃないかという先入観と、ポストが用意できない(ポストなんて欲しがってないのに。)とかありました。

すごかったのは、スズキ自動車の鈴木会長みたく、創業社長でオーナー企業で、二世がワタシと同じ年くらいの場合、二世が跡継ぎになる時に、直江兼続のような参謀タイプで、徹底して二世を立てる、という求人の時とかは、外資系でバリバリのやり手だった、などという職務経歴は敬遠されました。

ベンチャーとかだと、ワタシの部下だったような年齢の人が社長で、これもまたやりづらそうということで、ウチには勿体無い。。とお見合いのような断られ方をしました。

あとはネックになったのは、どの業種でも年齢ですね。49歳で求人条件に合致しているのに、実際は、30代前半から中盤というあたりになってしまいます。

酷かったのは、フランチャイズ経営で、お金を出資させられて、経営させられるというもの。セブン-イレブンの店舗経営でわかる通り、地獄です。この形態は。

退職金を手にして、年齢的に用意されたポストや年収が気に入らないという人は、このフランチャイズにハマるのだそうですが大抵、うまくいきません。

学習塾とかラーメンチェーンとかですよね。オーナーとしてやってく道。よっぽど自信がない限りやめといた方が良さそうです。

あとは営業職。家族、友人、親戚などの名簿を100人分提出させられてそれを元に販売していけというもの。
外資系の生命保険会社でしたけどね。
その100人の名簿に対して保険営業をかけると共に、自分の配下で営業する人を5人採用することがノルマ。
5人採用できたら、その人たちの営業成績を管理する立場になれて、そのインセンティブボーナスをピンハネしてやっていくと。
自分の直属から二代下、三代下と構成されていくと、インセンティブボーナスのピンハネは膨大なものになると。

それってねずみ講、言いまんねん。こういうのを臆面もなくやっている会社があるんだなぁと思いましたね。
今日、機嫌悪かったら、実名晒したろうかと思ったくらいです。

マニュライフ生命!お前だ!!

あとは、週に1日とか2日、幼稚園のバスを運転する仕事とか、到底、生活の糧というか年金や預金の補助になるようなことは難しい。

週休2日なんて夢のまた夢です。
シフト制で、午後出社で終電なくなりそうな時間までの勤務時間とか。

ケチで交通費の出ない会社もありました。近所でチャリンコ通勤前提みたいな。

介護とかもありましたけどね。税込み13万円くらいで24時間営業みたいな。。。

ということで、今の会社に見切りをつけて旅立つか、最後まで居座るかは、考えておいた方が良くて、その退職後の職探しは、とてつもなく大変です。

こんなカンジで、求人という名のワナだらけだし。

今、ワタシは、月から金まで9時5時で働けて、ゆえに社会保険等が揃っていて、定年70歳という非常勤の職業に就いて半年経ちました。

恐ろしく収入は減りましたが、税金や社会保険料など出費も恐ろしく減りました。

そんなんでこれはこれでいいのではないかと。

<結論>
ちょっと早い気がするけど、30代前半くらいから、老後というかリタイヤの具体像を描いておいた方がいい。

全然甘くない。

エリートでスーパースターであったほど嫌われる。

2016年7月5日火曜日

リーマン・ショック級の暴落!ったって戻っちゃったよね


英国のまさかのEU離脱という選挙結果に大暴落、リーマン・ショック級の騰落率ということで大騒ぎになりましたけど、どうでしょうか。

1本で世界丸ごと投資が可能な、世界経済インデックスファンドで見てみます。
(出典:カブドットコム証券)

選挙結果が直撃したのは、6月24日(金)。

国際分散投資をもってしても、4.3%も下落しています。

ってここのタイミングに合うようにワタシは前々日に150万円買いを入れたのですが、良い子の人たちはそんなマネしてはいけません。

下馬評は、EU残留優勢なんて報道されていたんですよね。そう。ですから。

6月20日(月)から23日(木)まで基準価額が上がっています。

そして暴落を迎えるわけですが、怖かったですか?今も怖いですか?

でもね。昨日時点の17892円と、20日時点の17942円。

どうです?あっさり戻りましたね。

まぁこんなカンジなもんです。

<結論>
「リーマン・ショック級」って報道は言いたがるけど、100年に一度は、やっぱり100年に一度なんじゃないですかね。