広告

2017年3月18日土曜日

製品レポート:格安メガネ(JINS SCREEN)の使い心地

JINS(ジンズ)という格安のメガネ屋さんがあります。

通常のメガネだったら、フレームを選んだら、30分程度で出来上がります。

フレーム代にレンズ代が含まれていて、大体高いのでも1万円くらい。

レンズは安物ではなく、国内1流メーカーのHOYAかTOKAIのレンズになります。

そのJINSで、JINS SCREEN(ジンズ スクリーン 旧称  JINS PC)という、パソコン画面やスマートフォン画面から目に悪影響を与えるというブルーライトをカットするレンズがオプションで入れられます。

プラス4000円くらいで、1週間のお預かり。

以前、JINS PCと称してた頃に、度の入ってないやつと、度が入ってるやつをひとつずつ買いました。

最近、JINS PCが、JINS SCREENとシリーズ名を変えて、ブルーライトカット率が2種類だったのが3種類になって登場しました。

  • ナイトユース:ブルーライト60%カット
  • ヘビーユース:ブルーライト38%カット
  • デイリーユース:ブルーライト25%カット
旧シリーズですと、今で言うヘビーユースが最大カット率だったのですが、60%カットというのが最大カット率で加わったということです。

ワタシは、今回、度入りで、ヘビーユースを2本。ナイトユースを1本買い求めました。

仕事用に、ヘビーユースを買ったのですが、ナイトユースを仕事中にすると眠気が差すことがあるとのことで、従来1本持ってたヘビーユースを2本買いました。

【仕事用:ヘビーユースについて】

以前持ってたのは、上下の幅が狭いレンズのデザインでちょっと仕事はしずらい。

そこで、円形に近いレンズの大きいタイプを2本買いました。

産業廃棄物工場の事務所で働いているので、ホコリがすごく、1日交代で2本買って、使ったその日は、自宅で超音波洗浄機でホコリを落とすと。

ホコリがついたまま拭くと傷だらけになってしまうからです。

ヘビーユースは、朝から夕方までずっとパソコンの画面に向かっても、肩は凝らず、また、眉間が痛くなるようなこともありません。

疲れ目を感じることもなく、目薬を差すこともなくなりました。

楽ですね。
微妙に茶色のレンズですけど、別に風景が色が変わって見えるほどではありません。

終日、パソコンに向かう人にはオススメだと思います。

以前、デザインで選んだ上下幅が狭いJINS PCのメガネは、ちょっと仕事向きではない。

JINS SCREENを選ぶ時は、どうせ仕事用なのですから、大きいレンズのフレームをオススメします。

【家用:ナイトユースについて】

カット率60%は初体験だったのですが、これもまた楽ですね。

家でネットで遊んでいながら、テレビを見る、というのも、仕事から帰宅して夜中まで、全く疲れ目を感じません。

楽ですね。柔らかい感じ。

ナイトユースは、ちょっと茶色いレンズで、家で使用のため、透明なフレームにしましたけど、それも効いてるかも知れません。

パソコンもテレビも、光が刺さってこないというか、週末、終日パソコンとテレビなんてゆう怠惰な生活をしても、これをかけていると全く疲れ目はありません。

心配してた眠気もしないですね。

【就寝前:旧JINS  PCの度なしについて】

50歳になって、老眼の入り口なので、就寝前で、布団に寝っ転がってスマホとか見る時は、メガネの度が邪魔になります。

なので、以前買った度なしのものを利用していますが、就寝前のスマホ使用はブルーライトが覚醒作用があるためによく眠れないからご法度なんですが、これをかけると全く問題なく熟睡できますね。

翌朝スッキリしていますので、ブルーライトの影響は抑制されているのでしょう。


<結論>

JINS SCREEN、ナイトユースもヘビーユースも1本ずつ持ってて損はない。

https://www.jins.com/jp/jins-screen/

ちなみに、JINSは、ひふみ投信(ひふみプラス、ひふみ年金を含む)の組入銘柄である成長企業です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。