広告

2017年3月28日火曜日

結婚しない方がいい女の見分け方


ある件が身近にあって、今回は、

「結婚しない方がいい女の見分け方」

というテーマでいきます。

ワタシは男ですので、女性の視点から男の見分け方は、語れませんので、女性読者は、男から見てこういう考えがあるのかぁと軽い気持ちで読んでいただければと思います。

ワタシは、独身で結婚歴はありませんが、今、50歳ですので、何人かは、結婚しようか、と考えた女性はいます。

でもね。いずれも、今思うと、結婚しないで良かったと思ったんですね。

それを最近考えたら、共通点があった。

自分の看病をまかせられない女と結婚するのはやめとけ
決定的なポイントは、気が利かないということです。

掃除・洗濯・料理ができなくても、ワタシができますから、結婚生活には支障がないんですが、もし、そういうないないづくしだったら、看病なんかできないので邪魔なだけ。

心配だからそばにいたい、などと言われても、何の役に立たないので、一人にしといてくれ、というカンジです。

いるだけ邪魔だし、ホントに迷惑。
ワタシのことを心配してるという言い訳して、来たいだけなんです。

ないないづくしだったら、

  • 役に立たないから行くの控えとくね。病院には行ってね。
  • 買い出しに行って差し入れしようか?何か必要なものはある?
程度が、気が利く女だと思います。

気が利かない女は、自分自身のことしか考えないから、まずこっちに来ると言う。

この時点で、もう鬱陶しい。

もし、掃除・洗濯・料理のいずれかができるんだったら、これも、

  • たとえば何と何と何がやってあげられるけど必要?
ってカンジが気の利く女だと思います。

こっちは弱ってるから寝込んでるわけで、頭も回らないわけです。

そうやって、やれることを並べてくれるのは、気の利く女だと思います。

それでもワタシは一人にしといて欲しいんですが、それでも看病で、邪魔にならず、過剰にならず、散らかったものを片付けたり、ゴミの日を覚えててゴミ捨てに行ってくれたり、ただ静かにしてて御用聞きに徹したりしてくれるのを任せられる、というか、鬱陶しいと思わない女でないと、到底ひとつ屋根の下で暮らせないと思います。

来たいと言い張って押しかけてきて、静かにしてろと言ったらリビングでテレビを見始めて小音量でもうるさくてしょうがないとか、いちいち、具合はどう?とか話しかけてきたり、買い出し行ってこようか、と言っておきながら、ワタシの好みを把握していない(把握してなかったら買い出しなんて行くな)で、いつものと違うものを買ってくる、とか。

そんで勝手に泣き出して、もうかえって病気が悪化する。。というような女は、絶対やめといた方がいい。

こっちが弱っている時に、自分自身が病の時とかイメージしてどうするのが患者にいいか、洞察できないのは、気が利かない女。

これがワタシ自身のワガママであるのなら、結婚していい女は存在しないということですし、ワガママでない場合は、ひとつのバロメーターとして、自分が弱ってる時にどういう立ち回りをしてくれるのか(何もしないでそっとしておいてくれるというのも含めて)、というのが判断材料になるなと思いました。

普段、ワガママでも、ないないづくしで何もできなくても、金がかかってもいいと思うんですけれど、病気の時は、さすがにガマンの限界値が最低限になると思います。

その時に、出てって欲しい、と思うような人と結婚できないと思います。

結婚したら資産形成の方法も変わりますし、資産管理も変わります。

離婚となったら、いろいろ出費があります。

ちなみに、サッカー元日本代表で有名なラモス瑠偉さんは、今の奥様と結婚を決めたのは、自分が怪我で入院してた時に、当時の彼女だった奥様が看病してくれて、
「オレ、こいつと結婚するのかな」
と決めたそうです。


<結論>

気の利かない女、洞察力のない女とは、ひとつ屋根の下で暮らせない。

ワタシ自身は、だれても一つ屋根の下で暮らせない。


2017年3月25日土曜日

カブドットコム証券!森高千里さん起用!!


4月1日より、カブドットコム証券のイメージキャラクターに

森高千里さん

が起用されるそうです。

もう多くは語るまい。涙腺緩んで嬉し涙が。。。
http://kabu.com/company/pressrelease/2017/0324_001.html

<カブドットコム証券のいいところ>

  1. MUFGグループなので経営に安心感がある。
  2. ゆうちょ銀行から自動引落可能。全国どの地域の方でも安心して利用可能。
  3. 投資信託が、たったの500円からスポット買い可能
  4. 自動積立で月に何度も積み立て設定可能⇒毎日積み立ての設定が可能
  5. イメージキャラクターが森高千里さん
  6. 投信ポイントの付与率が、他社よりも高率(でも適用投信は限られる)
<結論>

ワタシは、ネット証券は、カブドットコム証券1本です。


2017年3月23日木曜日

退職金やボーナスなど、まとまったお金を手にした人へ

今日は、退職金やボーナスなど、まとまったお金を手にした人に、特に読んで欲しい記事です。

あの〜拙著の過去参考ブログ記事があります。


2年前のYouTubeからリンク貼ったので、だいぶ無効になってますが、一部、CM残ってますね。

ラップ口座 CM集

とりあえず、もう警告から。

絶対、行ってはいけない金融機関の「資産相談」コーナーとか相談会 

今回は、これだけ覚えておいてください。これが結論。

ファンドラップ・ラップ口座・ラップファンドというのは、包み込むサランラップのラップだと思ってください。

暖かく包み込んでくれるんじゃあなくて、丸裸にされて、全身をサランラップでぐるぐる巻きにされて、動きが取れなくなるくらい囲い込まれて、吸い取られるだけ吸い取られるみたいなイメージで。

「ファンドラップ」とは、銀行や証券会社が提供する投資一任運用サービスの一つ。
モーニングスターより引用
http://www.morningstar.co.jp/fund/analyst/2017/1q/MFA120170323.html#QEfEoj2.twitter_tweet_ninja_l

投資信託自体と勘違いしやすいですが、大きく違います。

  • 投資信託    ⇒ 運用をおまかせして信託報酬を払う
  • ファンドラップ ⇒ 投資信託の選定をおまかせして報酬を払う
ということで、投資信託で得られたはずのリターンがラップ報酬の分だけ取られてしまいます。

しかもその報酬がバカ高で、下手すっと(ってゆうかほぼ確実に)投資信託で得られたリターンと同等かそれ以上の報酬を取られてしまいます。

これが、

  1. 金融機関の資産運用相談会とか資産運用相談コーナー
  2. 上記の過去記事にあるCM
みたいなワナを仕掛けてあなたのボーナスや、退職金を狙っています。

とにかく、プロの世界のことはプロに相談というのはやめて。

金融機関は、あなたの味方じゃあない。あなたから儲けることをなりわいとする人たち。

資産運用は、投資信託でいいんですが、どの投資信託を選ぶかまで一任してしまうと、その手数料で儲けはほぼ無くなってしまいます。

つまり、あなたのボーナスとか退職金で、金融機関が投資信託に投資して儲けてしまって、その儲けることに要した人件費などをあなたのボーナスとか退職金からさらに差し引く、ということです。

それと、アパート・マンション経営なんて、もってのほかです。
儲かるんだったら、食っていけるんだったら、その不動産屋がやればいい。
金融機関も、アパート・マンションを担保にカンタンに融資してくれます。

借金かかえた資産運用は、絶対タブーです。

<結論>

投資信託は自分で選びましょう。

2017年3月22日水曜日

投資の面白さ。そしてインデックス投資家は面白くないのか?


ツィッターでこんなツィートを発見。
ワタシのこのブログは、

「老後を心配して、インデックス投資を中心とした投資を通じて資産形成に取り組もうとしてるけど一歩が踏み出せない人、やろうと気合は入ってるけど固まってる入門者、すでに一歩踏み出したけどこれでエエんか?と不安が尽きない初心者、とか、『なかなか自分向けのブログがないよう』という老若男女問わず、アイキャッチ画像のお楽しみまで添えて、一緒に考えていきましょう」

というブログですので(一体、誰がいつそんなこと決めたんだ?)、これは、聞き捨てなりませんぞ!

と思ったら、アウターガイさんが、記事で応えておられました。

うむ。

一体、論点は、

インデックス投資が投資なのか否か、

なのか、

投資の魅力を語れないからインデックス投資家は嫌われるんだよ

なのか、わからなくなってきたけど、両方まとめて聞き捨てならん!!

【投資の魅力】

投資と投機は分けて考える(拙著の過去ブログ記事:「投資と投機の違い」)として、投資の魅力は、

企業や業界からなる経済の成長に関与することができ、成長に肥やしをやり、時間をかけて、丹精込めて資産配分とか真剣に考えて、ほったらかして、成長を見守る。

ただし、枯れちゃう可能性もある。成長は保証されているものではない。自分で信じること。

 だと、ワタシは考えます。自分の子供、孫のように、成長を見守り、コケたりすることもあるけれど、喜怒哀楽を共有して、真剣に一蓮托生で歩んでいくことに、醍醐味がないという異論はないと思いませんか?

【インデックス投資は投資?】

そりゃあ投資です。

だって。
元本が毀損する危険と同居してるリターンの可能性を、どこで折り合いつけるかを考えて自分の資金を投じるからです。だから投資。

そして、瞬間の取引で数少ない勝ち組のために莫大な敗者が生まれるというゼロサムゲームじゃあなくて、企業や業界、経済の成長に時間をかけて資金を投じるわけで、うまくいけば全員が勝者になる可能性がある、というのがインデックス投資。


【インデックス投資家はつまらない】

つまらない人の象徴的存在はこの人です。
理屈っぽくて、はっきり言って、言ってることがわからない。

みんなが賞賛するほど人物だとは思えないし、本も買ったけど、初心者向けじゃあない。

あれじゃあ、投資に踏み切れない。オススメ図書などと胡麻擦ってるブロガーは恥を知れ!

ということで、重鎮と呼ばれる方々は、理屈っぽくて、議論始めるとしつこくて、でも言ってることが泣きたくなるくらいわからなくて、マスターベーションを見せられてる気分になるからではないかと推測しています。

ワタシは残念ながら、誰にも担がれず、相手にされず、尊敬もされていない一介のブロガーです。50歳。

あの〜、最初は資産配分とか丹精込めて真剣に考えるんですけど、あとやることないんですよね。

見守るって言っても、実は、値動き忘れてるし。

久しぶりに見ると、殖えてたり、減ってたり。

そんな中で何を会話するのでしょう。

原理原則をこねて、自分の言い分を肯定して、相手をやり込めていかないとやってられない人が出て来るほど、退屈だということだと思います。

でもね。退屈するくらい、微動だにしない資産配分と、時折リバランスする(ワタシはバランスファンド派なのでリバランスさえしない)程度で、あとやることないんです。

ただね。しっくりくる資産配分にたどり着くまで試行錯誤が続くんですよ。

時間かかるし、時間かけるべき。自分のお金で自分で責任を負いますから。

拙著の参考過去ブログ:
しっくりくる投資方針が見えてくるには、何年かかかるものだ!


<結論>

投資は面白い。

インデックス投資家が面白くないんじゃなくてインデックス投資が退屈なの。

でも、水瀬ケンイチさんをはじめ、インデックス投資家の重鎮の方々は面白くない人が多い。



拙著の参考過去ブログ
大御所ブロガーが言い切ってることを盲信せずにあくまで参考にして自分で考えよう。


読者層の年齢層別・性別へのワンポイントアドバイス<その1>

いつもこのブログに付き合っていただいてありがとうございます。

どんな人が読んでるんだろうということで、Google Analyticsという公開されているツールで、このブログの年齢層・性別のデータを取りました。
【年齢層別】

<18-24>

お金は、惜しみなく使いましょう。せいぜい、全く同じ商品ならば、割高な買い物をしない程度。
節約や、資産形成を考えるよりも、自分力をつけることに、自分に投資しましょう。

本を買って読んだり、いろんな人と会食したり。

彼女を作って付き合ったり。

人生観が形成される大事な時期です。貯め込もうとしないで、自分のためにお金を使いましょう。

<25-34>

25歳を超えると、大きく人格や人間力が劇的に変わることはありません。

部下でも25歳までに叩かないと、矯正できません。

ということは、自分の分相応ということが見えてないとダメで、それを受け入れましょう。

あなたは、この時点で、その程度の人間です。その程度の人間としての人生を送ります。

このブログで対象としている資産形成の入門者ですね。
老後を見通して心配になって、これから始めよう、始めてる、始めたばかり、というカンジです。

とりあえず1億円は貯めたいみたいな漠然とした感覚ではなく、自分の分相応な生活、収入と支出にあった資産額を目標に据えましょう。

<45-54>

ワタシに近い世代ですね。

仕事では主役だったのが、脇役で味を出すベテランという役回りに変わってきます。

それとともに、自分の価値観や経験が、ちょっと古くなっていることに気づきます。

主役の世代に教えを請いながら、なんとかついていく、世代。

心身ともに、衰えを感じ始める時です。

あと、10年〜20年、今の組織に生き残れますか?

ここ最近の記事。

老後の収入を考えようとか、再就職難しいとか、早期退職かリストラか定年まで突っ走るか、とかは、この世代に向けて書いていると言っても過言ではありません。

順風満帆だったはずが、突然、こんなはずじゃなかった、が起きる世代。

とにかく覚悟だけはしておきましょう。

何が何でも生き延びなければいけません。突発的に転げ落ちるのもこの世代。

そして転げ落ちて、プライドと現実に挟まれて、厳しい世代です。

いろんなものを背負ってる人もいますし。

逃げるな。プライド捨てて、泥水すすっても生き抜こう!

<55-64>

ワタシが未知の世代。

でも、60歳でイデコが取り出し可能になったり、65歳で定年、年金支給という年代です。

いくつまで生きるんだろう。

老後のお膳立てができる、精神的にも体力的にもなんとか準備しようと思えばできる世代。

老後を具体的にイメージしましょう。

専門家のみなさんが支出から想定しろというのは、ワタシ流には難しいと思う。

この世代で今就いている職の行く末と、老後に得られる収入、資産を皮算用しましょう。

あんまり冒険すると、取り返しがつかない世代でもあると思います。

老後に向けて足りないことがあったら、この世代のうちになんとかしましょう。

なんとかできる思考力や体力の最終局面です。

<65+>

完成期じゃあないと思いますね。

平均寿命が80歳とか85歳。平均がですよ。これから40年生きる可能性もある。

とにかく、与えられた(過去の自分が与えた)資産をもとに、何かやれることでほそぼそと収入を得ながら、インフレと長生きリスクと戦いましょう。

国際分散投資は続けて、債券の割合を増やすのも良し、とにかく物価で目減りしないように。

ワタシが考えるに、全資産元本保証で乗り切れるほど、甘くないと思います。

出来る限り、もらえる年金の範囲で暮らしていきたいけど、自分の資産は、運用しながら、最低限を取り崩しながら生活していく。

なるべく年金の範囲で暮らしたい。

ワタシは生涯、今の資産運用の資産配分でいくでしょうね。

取り崩してもそのまま国際分散投資のバランスファンドですから。

今まで以上に、自炊したり、衣食住を見直して支出を減らして、お金のかからない時間をかけて楽しめる楽しみを見つけましょう。


<結論>

ワタシが考える世代別ワンポイントアドバイスは、こんなカンジです。


<参考過去ブログ>

入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版

老後の収入を把握しよう!

今現在のワタシの資産状況公開

再就職は甘くない

早期退職制度はつかうべきか、そうでないか?

2017年3月21日火曜日

早期退職制度はつかうべきか、そうでないか?


会社が傾くと、会社は、早期退職を募ります。

早期退職になると、たいていは、退職金が多めにもらうことができます。

退職金のない会社でも、早期退職を募る場合は退職金もらえます。

あなたの会社が、早期退職者を募集したらどうします?

答えは1つ。

早期退職前提で考えろ!

その会社は、もうあなたが定年退職で逃げ切りを図ろうとしても、たぶん定年退職前にあなたをリストラする可能性が高いと考えるのが、よっぽどの自信家でない限り、定石かと思います。

ただ、募集に応募するのはギリギリまで引っ張りましょう。

現役のうちに、次の就職先を決めておいた方がいい。

辞めてから職業を探そうとすると、
「リストラされた訳あり」
扱いされる可能性が大きいです。

  1. 次の就職先を決めてしまう
  2. 早期退職制度に応募する
  3. 退職金を得て去る
のがいいでしょう。

早期退職は、リストラの前段階と考えていいでしょう。

出来る限り悲観論、性悪説で考えた方がいいです。

こういう会社は、こういう状況になった時、あなたの隣りにいる同僚も疑心暗鬼になって、デマを飛ばします。

まず得られる情報から何か判断しようとする正攻法は通じない狂おしい状況になっていることは間違いありません。

定年まで引っ張ろうとしてあとでリストラされると、あなたは今より年を取っています。

年齢を重ねるということは再就職の上ではどんどん不利になります。

沈みかかった泥舟からはさっさと飛び降りましょう。

留意点としては、早期退職制度に応募すると、あなたの上司は引き止めにかかります。

期待も含めて、あなたは、これで自分は安泰だと思うかも知れません。

でもね。その上司が今後のリストラから守ってくれるなんてゆうことは全然無いですから。

リストラというのは、もう現場での意思決定や反抗など関係なく、人事と総務で機械的に進められることです。

早期退職制度というのは、経営が芳しくない。

しかも、人員コスト縮小によって会社を立て直そうというのは、無能な経営陣のやることです。

あたらしい事業を興したりするのは能力を要しますが、リストラはバカでもできます。

早期退職制度はそういう経営陣だということです。

そして早期退職制度は、リストラの予兆だということです。

早期退職制度でコストダウンしたって経営者の能力は上がりません。

右肩下がりは、続きます。早期退職制度で払えた退職金は、リストラでは払うことができないでしょう。

せいぜい戦える余地があるとすれば、保険証や年金、失業保険の申請に必要な離職票というのが会社から後日送られてくるんですけど、その離職票に書かれる離職理由を、

自己都合退職でなく会社都合退職

にしてもらえるように戦いましょう。

会社都合か自己都合かというのは、次なる再就職活動で職務経歴書とかに書くものではありません。

そして面接で問われても、自分から辞めた、とシラッと言ってしまえば、離職票はハローワークに提出してしまうため、調べようがありません。

会社都合退職の方が、次の職が決まらなかった時に、失業保険による給付金が金額高くまた支給期間が三倍くらい長くなります。

会社は、「次の会社に、会社都合退職って印象悪いぞ」と心配してくれますが、離職票だけでの話。

離職票の内容は、会社とあなたとハローワークしか見ないもので、ハローワークに提出したまま再発行されませんし、そのまま参照できなくなります。

ですから、

離職票は会社都合退職。
就活の面談では自己都合退職。

ということで。




<結論>

老後の前に、定年を迎えるまで今の会社にいられるか。

リストラされるなら、さっさと去らないと、どんどん年食うだけ食ってから切られたら、あなたは、悲惨ダースの犬です。

<参考過去ブログ記事>

再就職は甘くない

老後の収入を把握しよう!


2017年3月20日月曜日

再就職は甘くない


この3連休、ゆっくりできました。いろんなブログを拝見しました。

どこかのブログだか忘れてしまいましたが、

「65歳から再就職してのんびり。。」

というくだりがありました。

ワタシは、48歳で介護のために再就職先を探したんですが、まぁ、厳しいこと厳しいこと。

48歳までの二年間は、自由に過ごしたわけですが、この間、国民健康保険だの年金保険だの、いわゆる社会保険料を全て自腹って、すごい負担だと痛感しました。

正規社員はもとより非正規社員も、週40時間以上の雇用でないと、社会保険料は会社に負担してもらえません。

健康診断とかも受けられない。

再就職っていろんな事情があると思うんですが、
  1. 介護とか個人的なやむを得ない事情
  2. リストラ
  3. 転職しようという自己都合
  4. 定年退職
  5. 寿退社
とかあると思うんですけど、いずれの理由にせよ、40歳代以上は、まずスーパーマンのような人でない限りは、訳あり、キズモノ扱いです。

同業とかへ行くには、戦力として行くには(認められるには)、30歳代が上限です。

40歳代以上で同業に行くには、「お土産が必要」です。お土産というのは、
  1. 1部署を編成できるだけの即戦力の部下をたくさん連れて行くこと。
  2. すぐに契約締結できて会社の売上に貢献できる顧客または契約を持参すること
がないといけないということです。

つまり、自分自身を見てくれないんですね。お土産次第。

ひどい場合は、1の場合は、部下だけもらって自分は放り出される、ケースが実際あるし、2の場合は、顧客や契約だけもらって自分は放り出される、ケースが実際あります。

そういうことで、自分を必要としてくれないばかりか、落とし穴の可能性がムンムンするということです。

これが、異業種に本当の意味での「転職」となると、これも30歳代の前半までです。

40歳代以上となると、

  • なぜ今までの業種で勝負しないのか?
  • 何か問題あるんじゃないか?

という勘ぐりになってくるわけですね。

世にいう自称「転職エージェントは転職の支援はしてくれない。」

ですね。エン・ジャパンだのビズリーチだの全部そうです。

学生さんが就活で書くエントリーシートよろしく、職務経歴書を出すわけですけど、「転職エージェント」というのは、その職務経歴にある業種で担当が決まっており、その担当者は他の業種を全く知らないのです。

つまり、転職には全く使い物にはなりません。

さて。同業種に行くにしても、異業種に行くにしても、30歳代(それも前半)ということになります(T_T)

あ〜すげー厳しい。社会保険とか、正規社員、非正規社員どころじゃないじゃん。

でもね。これが現実なんですよ。

転職エージェントが使えないとどうなるか。

さぁここで、ハローワーク(旧称 職業安定所)が登場します。

え〜?!!!なんて、どん底に突き落とされた気分になりませんか?

これ事実です。

窓口で職業を紹介してくれるわけではありません。

自分で端末で探すのです。

  • せめて勤務地は、通勤時間長くて1時間だよな〜
  • 乗り換えがあっても1回でカンベンしてくれよ。
  • 土日祝日は休みたいよね
  • 夜勤やだ。勤務時間不規則ってゆうのもイヤだ。
  • 社会保険出るように、週40時間はMUSTだよな〜
  • 交通費って支給してくれるよね。当然。
  • 正規社員がいいな〜
  • 異業種だから経験問わずがいいな〜
  • 同業種だったら前職の下請けなんてイヤだ
といったあたりを当然求めたいですけど、たぶん一件もありません。こんなの。

この希望を主張して面接に行っても、うんうん聞いてくれていながらも、実際は、

  • 勤務地ってかいてあったところは本社だった
  • 勤務地一箇所じゃなくて、都度変更ある。しかも遠い。
  • しかも通勤費って自腹
  • 土日祝日は出社。週休2日って、月曜と木曜とか週によって曜日が違う。連続して2日ということはまずない。祝日は平日扱い。
  • 現場行くと夜勤やってくれ、と毎日言われる
  • シフトがあって週40時間も働けない。週2日とか3日。週6日で毎日2〜3時間とかだったりして、兼業もムリ。
  • 正規社員も何も、雇い止めありという伝家の宝刀。いつでもクビにできるようになっている。退職金なんか出ない。失業保険って子供の小遣いくらいの金額
  • イチから教えてくれる人がおらず、初日から一人で現場に放り込まれる。
  • 同業種だったけど、前職のひ孫受けだった。こんなに手取り差し引かれてたんか

ということになります。仕事はたくさんヒットできるんですが、こんなのばっかり。

そして、法律上明記できないので明記されていないんですが、ハローワークから問い合わせてもらうと、

  • 50歳超えてる?ちょっと遠慮していただけますか?
  • 男性じゃなくて女性を探してるんですけど、お察し願えますか?

そして、法律上明記できないので明記されていないんですが、ハローワークから問い合わせてもらうと、この2点、本当に多い。

それに加え、

  • 前職の会社が大会社・有名会社・一流と言われる会社
  • 管理職で配下の部下の人数が多かった
  • 社内で表彰歴とか輝かしい過去
  • 高給取り
  • 外資系だった
だと、お見合いのように「ウチには勿体無い」ということで断られます。会ってもくれない。

こうして這うようにワタシは、平日の定時の出勤・退勤できて土日祝日必ず休みで、勤務地の変更はなしで、通勤時間は30分。社会保険が出て、会社からの微々たる金額でしたが健康診断受けました。今の仕事の定年は70歳です。

非正規社員です。

でも、ここまでこぎつけるのに、いかに大変だったか、わかっていただけますかね?

ワタシは今、81歳の母の介護をしながら、この仕事に携わってる50歳です。

これで、なんとか毎月の投資信託積み立ても続けてますし、イデコも企業型以来、個人型として続けています。

高給取りだったのと浪費癖がないのと自動車や住宅ローンが一切なく妻子のいない結婚歴なしの独身50歳なので、何とか胸張れる資産額を有していますが、この先、何があるかわかりませんので、資産運用は続けます。

<進路決定の上での落とし穴の例>

非正規社員とか今まで管理職で人の上だったのでヒラ社員なんてプライドが許さないし、イヤだということで、まとまった退職金で、学習塾とかラーメン屋さんのフランチャイズオーナーとして独立する人がいるんですけど、本社が直接経営しないでオーナー任されるって、あなたの退職金狙いです。

保険の営業と称して、あなたの知り合いや親戚の名簿がほしいだけということもあります。

前述の通り、法人営業の経験者ということで、法人の営業先のパイプだけ奪われて追い出されるケースもあります。

<結論>

60歳、65歳まで定年まで勤め上げたら、歳を取ってる分、もっと条件は厳しくなります。

社会保険とか住民税とか自腹で払いながらということになると、今より支出は大きくなるかも知れないですよね。

これ読んで青くなってるあなた。40歳超えてたら、何が何でも定年まで居座るか、離脱して転職するか。転職するんだったら、辞めた後でなく、会社に在籍中に職探ししましょう。
まだその方が楽。

定年までいられないかもしれないあなた。脅かす趣味はないですけど、まずこの世界に放り込まれるので、とにかく満点を目指さないことです。割り切るは割り切る。


<参考過去ブログ記事>

老後の収入を把握しよう!


50歳の生活のモデルチェンジ


投資とは関係ないテーマ。

春にむけて、生活で幾つかモデルチェンジをしました。

【1】ゴキブリ対策

去年のちょうど19日の日にゴキブリ対策として大量にコンバットを導入しました。

結果、夏はもちろん、1年中、ゴキブリは出ませんでした。

ということで、家中に置きまくったコンバットの総入れ替えを敢行しました。

  1. 浴室の排水口の左右
  2. 浴室出口の左右の角
  3. トイレの4隅
  4. キッチンの引き出し1つにつき1つ設置
  5. 下駄箱4段の1段に1つずつ設置
  6. 玄関4隅
ってな感じで、今、家ん中が誘引剤のアーモンドとピーナッツバター臭いですがガマン。

殺虫剤は、去年一回も使わなかったのでそのまま続投です。

【2】洗濯剤のパワーアップ

投資ブロガー仲間のフクリさんに倣って、オキシクリーンなる漂白剤を使うことにしました。

http://etf-investment.com/?p=1884

酵素が入っているようで、お湯に溶かして通常の洗剤と一緒に入れることになります。

洗濯物も、よく落ちるしニオイがしなくなる。おまけに洗濯槽や脱水口もキレイになる。

ということで、大箱なのでしばらく使います。

洗濯しても、畳んでしばらくするとニオイ始めるバスタオル、タオル地のハンカチ、仕事で履く軍足(手袋は軍手ですが、軍手の靴下版。)

【3】スニーカーの脱臭

ワタシはコーヒーは飲まないので、コーヒー豆の出がらしをもらってきて、乾かして、100均で買ったブラジャー洗濯用のネットにコーヒーの粉を入れて、仕事で履くスニーカーの中に入れることにしました。

スニーカーは3足を毎日ローテーションで履いてますので、いつも二足が終日コーヒー脱臭
することになります。

これも投資仲間から教わった知恵。

スニーカーが普通の洗濯機で丸洗いできることもわかったので、これもオキシクリーンで殺菌、除菌、消毒、消臭の洗濯をしていこうと思います。

【4】タブレットのバッテリー交換

2012年の初期型のNexus7も、内蔵バッテリーがヘタってきて、レスポンスが悪くなってきました。

そこで正規品のバッテリーと、交換工具を併せて注文しました。

ポケモンGoを一旦、レベル31で辞めることにしたので、通勤の時間は日経電子版を読む生活を取り戻そうと思います。

【5】私服のモデルチェンジ

ほとんど出かけずに、家と最寄り駅付近をウロウロするだけなので、ロクな私服を持っておらず、スエットに、寒い時はグラウンドコート、ちょっと温かい時は長袖のトレーナー、涼しい時は、Tシャツということで、靴もスニーカーとか靴じゃなくて、冬でも裸足でスポーツサンダルか、健康サンダルでした。

別に生活圏は変わらないと思うんですけど、禅僧が着る作務衣(さむえ)を着ることにしました。

甚平だと夏限定ですし、作務衣だったら、靴は相変わらずサンダルでいい。

ちょうど頭がスキンヘッドなので、作務衣を着ようと。

やがて、和服にしていきます。和服で出かける。

ニッカポッカもいいなと思ってね。普通に履いてる人いませんから。

これは作業着屋で物色します。

あと、駐車場さえ見つかれば大型二輪を乗る予定なのですが、これは特攻服で乗ります。

氣志團みたいなやつ。

スキンヘッドだと何を着ても何とかなる。

<結論>

50歳になったので、ちょっとマイナーチェンジしてみました。

2017年3月18日土曜日

製品レポート:格安メガネ(JINS SCREEN)の使い心地

JINS(ジンズ)という格安のメガネ屋さんがあります。

通常のメガネだったら、フレームを選んだら、30分程度で出来上がります。

フレーム代にレンズ代が含まれていて、大体高いのでも1万円くらい。

レンズは安物ではなく、国内1流メーカーのHOYAかTOKAIのレンズになります。

そのJINSで、JINS SCREEN(ジンズ スクリーン 旧称  JINS PC)という、パソコン画面やスマートフォン画面から目に悪影響を与えるというブルーライトをカットするレンズがオプションで入れられます。

プラス4000円くらいで、1週間のお預かり。

以前、JINS PCと称してた頃に、度の入ってないやつと、度が入ってるやつをひとつずつ買いました。

最近、JINS PCが、JINS SCREENとシリーズ名を変えて、ブルーライトカット率が2種類だったのが3種類になって登場しました。

  • ナイトユース:ブルーライト60%カット
  • ヘビーユース:ブルーライト38%カット
  • デイリーユース:ブルーライト25%カット
旧シリーズですと、今で言うヘビーユースが最大カット率だったのですが、60%カットというのが最大カット率で加わったということです。

ワタシは、今回、度入りで、ヘビーユースを2本。ナイトユースを1本買い求めました。

仕事用に、ヘビーユースを買ったのですが、ナイトユースを仕事中にすると眠気が差すことがあるとのことで、従来1本持ってたヘビーユースを2本買いました。

【仕事用:ヘビーユースについて】

以前持ってたのは、上下の幅が狭いレンズのデザインでちょっと仕事はしずらい。

そこで、円形に近いレンズの大きいタイプを2本買いました。

産業廃棄物工場の事務所で働いているので、ホコリがすごく、1日交代で2本買って、使ったその日は、自宅で超音波洗浄機でホコリを落とすと。

ホコリがついたまま拭くと傷だらけになってしまうからです。

ヘビーユースは、朝から夕方までずっとパソコンの画面に向かっても、肩は凝らず、また、眉間が痛くなるようなこともありません。

疲れ目を感じることもなく、目薬を差すこともなくなりました。

楽ですね。
微妙に茶色のレンズですけど、別に風景が色が変わって見えるほどではありません。

終日、パソコンに向かう人にはオススメだと思います。

以前、デザインで選んだ上下幅が狭いJINS PCのメガネは、ちょっと仕事向きではない。

JINS SCREENを選ぶ時は、どうせ仕事用なのですから、大きいレンズのフレームをオススメします。

【家用:ナイトユースについて】

カット率60%は初体験だったのですが、これもまた楽ですね。

家でネットで遊んでいながら、テレビを見る、というのも、仕事から帰宅して夜中まで、全く疲れ目を感じません。

楽ですね。柔らかい感じ。

ナイトユースは、ちょっと茶色いレンズで、家で使用のため、透明なフレームにしましたけど、それも効いてるかも知れません。

パソコンもテレビも、光が刺さってこないというか、週末、終日パソコンとテレビなんてゆう怠惰な生活をしても、これをかけていると全く疲れ目はありません。

心配してた眠気もしないですね。

【就寝前:旧JINS  PCの度なしについて】

50歳になって、老眼の入り口なので、就寝前で、布団に寝っ転がってスマホとか見る時は、メガネの度が邪魔になります。

なので、以前買った度なしのものを利用していますが、就寝前のスマホ使用はブルーライトが覚醒作用があるためによく眠れないからご法度なんですが、これをかけると全く問題なく熟睡できますね。

翌朝スッキリしていますので、ブルーライトの影響は抑制されているのでしょう。


<結論>

JINS SCREEN、ナイトユースもヘビーユースも1本ずつ持ってて損はない。

https://www.jins.com/jp/jins-screen/

ちなみに、JINSは、ひふみ投信(ひふみプラス、ひふみ年金を含む)の組入銘柄である成長企業です。


老後の収入を把握しよう!

今回は、「老後が漠然と心配だけど何もしてない人」向けが主眼の記事にしてみました。

2月生まれのワタシは、ちょっと前に、ねんきん定期便が届きました。

この
  • シール式のハガキ
  • ねんきんネット
で、自分が65歳以降にもらえる年金の月額がわかります。

ワタシは前職までずっと高給取りだったんですが、今は親の介護で非正規社員の事務をしています。

もう定時出社、定時退社、仕事の持ち帰りなし、土日休日も必ず休めるということで、危なっかしい会社ではありますが、定年70歳ということもあり、もう元の戦争のような前職の世界に戻るつもりはありません。

すげー薄給ですけどね。前職の5分の1くらいでしかありません。

けどこれでいいです。

話を元に戻しますが、ねんきんネットなどで、もらえる年金の月額を把握すると思います。

イデコ(個人型確定拠出年金)で自助努力で年金の補完ができる制度が始まっていますから、満額利用したいものです。

掛け金は、確定申告によって、所得から掛け金全額差し引いてから所得税を再計算して申告することができます。

イデコで投資した金額は全額税金がかからないということですね。確定申告かんたんです。

そのイデコで選ぶ商品選択も迷ってしまいますが、最初はつぃつぃ元本保証の定期預金とか選んでしまいがち。

でもね。今のあなたの年齢から60歳までの月数、元本保証で低金利の定期預金をチマチマと貯めて、ねんきんネットと合わせて、老後の収入、どうなりますか?

ワタシは、確定拠出年金で、リスクを取って、定期預金から投資信託に全額切り替えようと思ったきっかけはそれでした。

「このままじゃあ全然足りないじゃん。足りないってゆうか心細い。」

年金ももらえるでしょうけど、イデコでどこまで補完するか、やっぱり不安じゃありませんか?

投資信託も万能ではなく、相場が下がれば元本割れの不安もあります。元本割れの不安と、このままでエエんか?という不安を天秤にかけて、どっちの不安が大きいか。

ということでしょうね。

ワタシは今、50歳なので、ある程度、イデコの前身の制度の時から確定拠出年金を利用していますので、ある程度の額は貯まっています。

60歳まであと10年なので、大暴落食らったら、ちょっと不安ということで、利益確定売りして今、ワタシのイデコは、全額定期預金で守りに入っています。

そして、来年始まる積み立てNISA。20年の運用期間があって、売却益は非課税なので、これも利用したい。年間80万円。決して十分じゃあないですけど、普通に運用してたら、売却益に20%も課税されてしまいます。

これが非課税になるのは大きい。

そんな順番で考えていけばいいのではないでしょうか。

元本保証ではないけれど、投資信託を利用して資産形成していくことは誰もが求められる自己責任です。

ワタシは今の薄給で、なんとかやれていますし、ねんきんネットによると、今の薄給よりも、もらえる年金の方が多い(笑)

まぁ、今、老後の予行演習をやってる感じでしょうか?

目を背けたくなったり、行政がなんとかしてくれると、漠然と安心したいあなた。

ねんきんだけでは足りない。自己責任で自助努力を!

というメッセージは明文化されてはいませんが、イデコやNISAを制度提供することによって、確実に行政からそのメッセージは発信されているものと考えて大げさじゃあないと思います。

<結論>
専門家の本とか読むと、「老後にいくら必要か支出を洗い出してみましょう」っていうんですけど、ワタシは挫折しました。

それよりも、今、ねんきん定期便や、自分で資産運用してる状況とか、ごく限られた収入源をまとめる方がカンタンで速くて、確実かと。

この収入だと、今の収入での生活レベルからしてこれくらだな、って大体イメージできるのではないかと思って、ワタシを含めた素人、初心者、入門者、入門前の方々向けのやり方を考えてみたのが今回の記事です。

まずは、ネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)に資料請求して、口座開設しましょう。

イデコもNISAも、ネットで勉強しましょう。

他人に頼らず、まず己の一歩から。

<参考過去ブログ:入門者、初心者、これからどうするかという人は全部読んでください>

資産運用の始め方の概略

将来を心配するワタシを資産形成へと導いてくれた本たち

入門の入門の勉強会のおすすめ

投資と投機の違い

入門者のポートフォリオ、こんなカンジでいいかも2015年版
※「2015年版」と名付けてしまいましたが、2015年に限らず、これで今もいいんです。

今現在のワタシの資産状況公開

しっくりくる投資方針が見えてくるには、何年かかかるものだ!


アベノミクス、こうすればうまくいく!!

日経電子版にこんな記事が掲載されていました。

接待消費、じわり復活 「ビジネスに必要」税が演出:日本経済新聞 (日経電子版有料会員限定)


日経電子版有料会員限定記事なんですが、接待消費がじわじわ回復してるという記事。

1990年4月のバブル入社組のワタシからすると、アベノミクスの消費拡大=景気回復の策はイマイチ機能しないのかなと。

【1】アベノミクスの簡単なおさらい

アベノミクスをおさらいしてみましょう。
  1. 金融機関が日銀に預ける金利を下げる。「マイナス金利」で預けるだけ損するところまで追い込む。
  2. 金融機関は、日銀にお金を預けていてもマイナスになるだけなので、自ら有望な企業を審査・判定してお金を融資(貸し出し)して、企業はその借りたお金を使って、設備投資など、企業活動拡大のための施策に使う。
  3. こうして企業が元気になり、企業は銀行にお金を返済する一方で、利益を自社で溜め込む(内部留保)ことなく、社員の給料も上げさせる。
  4. 物価を上げて、小売業が利益を上げられるようにして、物価が上がった分も、給料の上がった会社員がモノを買う。
  5. それによって、お金が循環し、景気が良くなる。
  6. 景気が良くなったら、老後を心配しなくていいように社会保障の充実のための財源となる消費税を増税する。
というメカニズムです。野党にこういう経済構造的な政策は生まれてきません。

【2】思惑通りに行かないアベノミクスの簡単なおさらい
  1. マイナス金利は実行した。
  2. 金融機関は、企業に融資するための企業を発掘したり有望企業かどうかを判定する能力を失ってしまったため、企業に融資して返済してもらって貸出金利で設けるよりも、投資信託とかの、金融機関の窓口で販売する金融商品の販売手数料で経営を賄おうとするセコい姿勢に終始している。よって企業にお金が行き届かない。
  3. 一部の企業では、給料が上がったけど、老後の心配で、みんな貯金に溜め込んでしまってお金を使わない。物価が高いものは買わずに相変わらず、より安いものに走る。
  4. 結果、お金が循環せず、社会保障充実のための消費税増税は先送り。
【3】じゃあどうする?
結局、【2】−3で赤い字にした、老後の心配で自腹を切らない、というところに着目します。

あのね。バブルの頃も、みんな自腹を切ってないのです。

だから、冒頭で紹介した日経電子版の記事。

つまり、接待する、接待されるパイプを思いっきり太く昔に戻してはどうかと。

バブルの頃は、自腹で飲食しませんでした。

とにかく徹底的に領収書をきって、経費で落とす!!

キャバクラにレミーマルタン(超高いウイスキー)をボトルキープしたり、キャバクラをはしごしたり、終電以降まだ飲み続ける、気づいたら明け方なんて当たり前。

さすがに一回で使える経費は限られていましたから、限度額ギリギリで領収書切ってもらって、日付欄空白で、お勘定満額になるまで、何枚にも分けて領収書をもらいます。

タクシーで帰宅。そのタクシー代も領収書で経費で落としてました。

とにかく自腹を切らないんですね。貯金しててもいいんですけど、みんなが老後を心配して貯金で溜め込んでも、経費で使いまくるならば、お金は世間に循環します。

まさに金は天下の周りモノという構図が実現できる。

アベノミクスの爆弾は、今は企業の貸し渋りと手数料商売に走ってる金融機関がアキレス腱のように言われていますが、そこがうまくいっても、結局、一旦、家庭に入ったお金は奥さんが使わせてくれないのです。

家庭に入れることなく、とにかく経費で落として経費分をもらう。また経費で使う。ということで、自分のお金は立て替えに使うだけ。

ということでバブルは回っていました。

<結論>
不動産投資に走ったり、財テクに暴走したりの行き過ぎはいけないけど、バブルの構造、メカニズムのいいとこ取りをして景気回復できると思う。

あ〜経費でキャバクラ行きてぇ!!

2017年3月17日金曜日

炎上覚悟:原発事故は誰の責任なのか?

炎上覚悟の私見を述べたいと思います。

原発事故で国の責任認定 前橋地裁「津波は予見できた」:日本経済新聞 


【論点1:予見できないはずの自然現象】

今日、こういうニュースが駆け巡りましたが、裁判での判決とはいえ、津波なんか予見できなかったと思ってます。

地震や津波は、全部が全部、専門家なるものは、事後的に、そのメカニズムを説明するだけです。

事後的に。

今回の東北震災だって、東北地方から茨城県あたりまでの列島の面積に相当する地域が一気に陥没した。

そんな地震、誰がどうやって予見できたというのでしょうか?

地震の規模や地震の構造が予見できなければ、津波なんて予見できなかったという判決が妥当ではないでしょうか?

この判決には、一体誰が予見できたんだ?ということと、予見できたくせに任務を怠ったのは誰だったんだ?ということです。

災害対策は、予見できないから、過去最大の被害を参考に防波堤とか対策を設計します。

それが未知だったらどうしようもないですか。

この裁判官は、一体、どうやって予見できたと判断したのでしょうか?


【論点2:原発さえなければ?】

前任の福島県知事とか、テレビに映ると、苦みばしった顔で、まるで、「原発さえなければ」みたいな趣旨のことを言っていました。

原発以外に、地場産業がなく、また地場産業を創出する努力も怠って過疎化を招き、地元から税収がないから原発を招聘したはずなんです。

つまり、原発がなければ、県政は成り立たなかった。県政が成り立たなければ、そんな僻地で暮らすことなんてできなかったはずなんです。

ワタシが思うに、原発で住めなくなったかも知れないけど、それはたまたま今回原発が発端になっただけで、原発がなければ、招聘しなければ、事故以前に、過疎化が進んで全く住めない場所になってたはずなんです。

トイレの汲み上げや、ごみ収集さえできなくなってたかも知れない。

そんな地場産業を興すことを怠った県政にこそ責任はないのでしょうか?

また原発におんぶにだっこで暮らしてきたはずなのに、暮らせたはずなのに、今さら原発なかりせば、という議論はないと思います。

原発なかりせば、とっくの昔に全く住めない地域になって、廃県になっていたでしょう。

一体、原発見合いの交付金や、原発で働く人々が地元に今まで、いくら投下してきたのでしょうか?

【論点3:賠償?】

まったく瑕疵がないところで、国や東電が核事故を起こしたのならともかく、そういう地域にそういう事情で、勝手に住んでたのに、ゼロから賠償ということに非常に違和感を感じます。

賠償金というものがあるのなら、これまでの累積の原発見合いの交付金や、原発で働いてきた人が地元に落としたお金の累積を差し引いた額が本当の賠償金なのではないでしょうか?

過疎で住めなくなってたはずのところに、原発に依存して住み続け、原発に事故が起こったら、その原発に賠償を求める、という構図に非常に違和感を感じずにはいられません。


【論点4:どんな生活レベルに復興させるの?】

「復興」という言葉に非常に違和感を感じます。

「興」があったのでしょうか?過疎で原発に依存しまくってかろうじて生活が成り立っていた地域。

復興、生活を返せって、テレビに映る家は、庭付き一戸建て。

一体、どういうレベルの生活に戻せというのでしょうか?

仮設住宅も、冷暖房完備で、ワンルームマンションよりも広い間取りに見えます。

苦しい生活で大画面テレビがあってペットが飼えて、元の生活がよっぽど良かったんではないかと思います。

ちょっと留守にしてるだけで、イノシシや野生動物の天国になってしまってるそうですが、もともと、そういう地域だったのを、お金をかけて無理やり人間が住んでいたわけです。

そのお金ってどこから出てたの?

ってゆうことなんですけど。

賠償金をよこせとか、元の生活に戻せとか、言うのであれば、原発見合いの交付金や原発関係者が落とすお金を全く差し引いた生活レベルに「復旧」するということが妥当ではないかと。

だって、もう原発は稼働してないんですから、何も貢献していないわけで。

住めない地域になったのは核のせいかもしれないけど、原発がなかったら、とっくの昔に住めなくなってたはずなんです。

【論点5:何年スパンで「復興」させろと?】


そんな興隆してたかのように言われる地域を一体、何年スパンで「復興」させろというのでしょうか。

過疎でお年寄りばかりで、余命短い方々に、一体、いくらかけて、どれだけの期間をかけて「復興」させるというのでしょうか?

また、避難中に孤独死しただなんてゆうニュースがありますけど、別に、避難してなくても、都会のど真ん中で孤独死はあります。

なんでもかんでも、被災に結ばないでほしいですね。


<まとめ>
文句を言う前に、原発見合いで投下された交付金をすべて綺麗さっぱり返金してから賠償金を要求しろと思います。

原発が危険だという説明を受けてこなかったという言い分があるようですが、チェルノブイリやスリーマイル島の事故を見てなかったんでしょうか?

その危険と抱き合わせで、暮らしていくために、交付金欲しさに、県は原発招致を決めたはず。

そういう理屈で考えればわかりそうなことを、騙されてただの、被害者になりきる行為は、賠償金を釣り上げる行為にしか見えないです。







2017年3月16日木曜日

今現在のワタシの資産状況公開


今日、今現在のワタシの資産状況です。(青字は全体を100%とした場合の資産配分率)
  • 世界経済インデックスファンド 74% 積立1000円/日 利益率12.5%
  • ひふみ投信 4% 積立10000円/月 利益率160%
  • 結い2101(鎌倉投信)1% 積立10000円/月 利益率27%
  • SMTアジア新興国株式インデックス 1.5% 積立500円/日 利益率25%
  • eMAXISバランス(8資産均等型)0.01%
NISA
 現在は全売却。利益を含めて全額、世界経済インデクスファンドをスポット買い。0%

個人型確定拠出年金(野村證券)
 野村DC外国株式インデックス 9% 積立23000円/月
 ※利益率は、企業型初期からいろいろやってきたため、投下元本がわからないため計算不明。

普通預金 12%

トータル利益率:19.2%(イデコの部分が怪しい概算)

こんな感じですね。端数処理の問題で少し100%を超えてますが、雰囲気こんな感じで。

今の資産配分にしたのは2016年5月ですので、まぁまぁの利益率かも知れない(わからない)

世界経済インデックスファンド80%くらいいってるかと思ってましたが、放置プレイでこんな感じです。

他が増えたので、80%切った感じでしょうか・

<結論>

だから何なんだ?ということは一切ありません。

大体こんな比率で運用と生活資金をやりくりしてるという感じです。

ってワタシも半年ぶりくらいに、計算して見ましたこんなの。

これを見て、間違っても全財産、ひふみ投信に突っ込まないように。

アクティブファンドは属人的な要素が大きく、運用責任者で社長の藤野さんの全盛期だと思う。

だんだん年取って、感性が時代に追いつかなくなってくるはず。

世界経済インデックスファンドみたく、国際分散分散投資は、劇的には儲からないのですよ。残念ながら。

でもね。世界通貨基金(IMF)が発表しているところでは、世界全体のGDP成長は年間、4〜5%でゆったりと成長していく。

成長が飽和状態で頭打ちになってる成長率1〜2%の先進国に比べ、中国を筆頭とした新興国は6%〜8%くらいの成長率が見込まれます。

少子高齢化に悩む先進国に比べて、新興国は人口構成が若く、またアジア新興国株式インデックスファンドのたった8カ国で世界人口の半分以上を占めています。

そういった上昇の根拠があることと、爆発的に大きく儲からない一方で、大きく痛い目に遭うことも少ないし、地球全体の成長はゆっくりゆっくり成長していくものなのです。

すぐ急に上がるものはすぐ急に下がる可能性がある。

ひふみ投信の今後の課題は、藤野さんの感性の老いと、規模でしょうね。資産規模が大きくなると、運用しづらくなる。世の中、それほど美味しい株は転がってない。そこをどうするか今後の課題でしょうな。

だから、これくらいの資産配分でワタシは良いのです。

<参考過去ブログ記事>

ようやく辿りつけた感のある資産構成

ポートフォリオ変更予定。純金、REIT、農産物から撤退。


2017年3月11日土曜日

セゾン投信から学べたこと

今回、セゾン投信が扱ってるファンド2つとも信託報酬を下げてきました。

セゾン投信のファンドは2つとも、ファンド・オブ・ファンズ形式となっており、他社の投資信託を組み合わせることにより、セゾン投信が
  • 組み入れる投資信託の選定
  • 組み入れる投資信託の組入比率の決定と改訂
  • 組入比率を維持するリバランス行為⇒これがセゾン投信の主な運用行為となります。
を行うことで信託報酬を得ています。

つまり、
  1. 投資先の投資信託会社の取り分
  2. セゾン投信の取り分
の2つが運用会社としての取り分になっています。

今回、そのうち、セゾン投信の取り分を下げました。

セゾン投信からの公式発表へのリンク(PDF形式)
それぞれ0.01%下げたわけですけど、この見方については、いろんなブロガーの方々がいろんな意見を公開しています。

面白いですね。

ワタシの見方は、

「投資信託の採算が取れるラインはこれが限界なんだな」

ということです。

昨今の激安インデックスファンドの続々登場は、いずれも大手で他の投資信託や生命保険業とかのグループ会社とかで吸収できる手を持っている会社ばかりです。

でもセゾン投信は、この2つの投資信託の運用と販売しかやってない。

この2つの投資信託で食っていかねばならないのです。

そのセゾン投信が値引き。

微々たるものだという見解もありますが、採算が取れるラインはセゾン投信の規模をもってしてもこれが限界なんだろうなということがわかります。

つまり他社の最近新発売の激安インデックスファンドの数々は確実に採算を割っているはずだということがわかります。

投資家にとって将来に備えた長期投資による資産形成に資するためには、その投資信託が途中で償還(家電製品の電源からコンセントを抜いたように終わってしまうこと。)になってしまっては困るわけです。

しかも今の20代の人たちが利用して平均寿命までと考えてまず60年は継続してもらわねばならない。
(なのに、同じ直販投信会社で無期限のくせに30年目線なんて言ってる呆けた会社もありますが)

そういうことは、今の経営陣は何度も入れ替わるわけで、その代替わりのうちに、採算の取れない投資信託なんぞ止めろ!という意思決定をする可能性がないわけではない。

セゾン投信は、2つの投資信託しかありませんから、最悪ひとつ償還したとしても最低ひとつは継続しないと会社として成り立たなくなってしまいます。

そういう意味では投資家と一蓮托生。採算を維持できるレベルを保つことが必要なわけです。

ということで、今回のセゾン投信の動きは、昨今の激安インデックス投信陣に一石を投じたのではないかというのがワタシの見方です。

<結論>

何事も安さだけに走るな。適正価格というのを見極めることが重要。

<参考過去ブログ記事>

サスティナブル(維持可能)とフィデューシャリーデューティー(受益者のために働く者の義務)

<参考記事>

堀田かつひこさんのブログ記事
http://noload.558110.info/IndexFundSelected.html

※信託報酬が、0.4%以下の投資信託は、採算性が怪しく、継続性に不安があるのではないかというのが今回のセゾン投信の一件で得たワタシなりの教訓です。

<おまけ>YouTubeの動画です。音量注意。

為替ヘッジあり・なしは、迷わず「なし」を選ぶ

投資信託を選ぶ上で、余計なコストを排除することは重要なことです。

そのひとつに「為替ヘッジあり」ってゆう投信の為替ヘッジコストがあります。

為替ってゆうのは、外貨と円の交換レートのこと。1ドル何円って云うやつです。

「為替ヘッジあり」ってゆう投資信託は、運用手法のひとつとして、外国株や外国債券に投資していても、あたかも日本円の株や債券で運用しているようにする。
つまり、換算レートの影響を一切殺してしまうことです。

極端な為替相場になる時、そのヘッジコストは高騰します。

為替で儲ける資産運用手段もありますが、為替の動きは、投資の中でも予想は最難関と言われています。

FXは、まさにその為替で儲けようとする運用方法ですが、為替の予想はまずもってプロでも当たらない。

また、長期的に見て、金利の高い通貨(つまり経済的に弱い国の通貨)は、一時的にみんなが高金利に飛びついて高騰しますが、

(円の場合、対ドルで、1ドルで買える円が少なくなっていくこと。100円だったのが70円になるとか。)

超長期的には、金利の高い通貨は、あくまで経済的に弱い国の通貨なので、その価値や信用が問われて、下がっていくと言われています。

(円の場合、対ドルで、1ドルで買える円が多くなっていくこと。100円だったのが120円円になるとか。)

ということで、ドルが基準通貨の資産に投資した場合、対ドルで円高になる場合は、少ない金額で買付けすることができます。逆に、既に持ってる資産額の評価額は減ります。

逆に、ドルが基準通貨の資産に投資した場合、対ドルで円安になる場合は、買付けにより多くの円が必要ですが、既に持ってる資産額の評価額は高くなります。

こんがらがってきましたね。

ということで、こんなものを、コストかけてコントロールしようと抗うことは、長期投資の場合、ムダな行為だと思っています。

為替の変動による影響は多大なものがあります。

大した運用成果が上がって無くても、円安になると評価額はドンと上がりますし、円高になるとドンと下がります。

短期だと本当にどう動くか、セオリー通りにわかるものではないですし、また、その影響は大きい。

それを封じ込めるコストが高くつきそうなことだけは、想像に難くないと思います。

<結論>

国際分散投資で為替の影響は大きいけど、長期投資の場合は、日々の為替の動きを相殺して為替の動きに抗う費用を払い続けるのはムダとしか言いようがないとワタシは考えます。

為替が気になってしょうがない場合は、国内の株式や債券で運用する投資信託を選べばいいと思います。

ただし少子高齢化の問題や人口の縮小、さほどの経済成長は望めないと諸々の問題を抱える日本の将来に全てを賭けるという覚悟は必要です。

為替に抗うことなく、日本以外の先進国や新興国も含めて、日本から世界全体をまんべんなく俯瞰するような国際分散投資で、為替の流れに身を委ねて付き合っていくのが自然でコストがかからない。

2017年3月10日金曜日

投資と投機の違い

先日、ラーメン屋のカウンターで隣に座った若い会社員と思われる2人の青年の会話。

A:な?1000円突っ込んだら、1000万円になるんだぜ。すげーだろ?

B:そりゃすげーな。1000万あったら仕事辞めてるね。

余計な部分を切り落とすと、要するに、こういう会話を延々としてました。

何だか、課金のゲームで一発当てるとこうなる、ということだったみたいです。


<観点1> どういう構造になるんだろうね?

1000円が1000万円になるということはどういうことなのか、です。

金のなる木がない限り、1000万円もらえる人を1人作るには、9999人が各人1000円を失わなければいけません。

そして、このゲームの主催者が儲からなければ、主催者は主催しないはずなんです。

だから、主催者の取り分もあるはずなんです。2割くらいとしましょうか。

そうすると、主催者の取り分を捻出するために、2000人が1000円を失わないと2割の200万円は捻出できません。

そうすると、このゲームで1000万円もらえる人が1人産まれるために、1万1999人が1000円を失わねばなりません。

5人くらいの幸運な人が産まれるには、5万9995人が1000円失わないといけません。

東京ドーム満員でしょうかね。

自分が5人に入れるか、5万9995人に入ってしまうか、よっぽどこの2人は楽観的か、自信があるんでしょうね。

この話が美味しいと、美味しいラーメンを食べながら、楽しそうに話してる青年二人に電卓貸してあげたかった。

<観点2> 仕事辞められるか?

1000万円って確かに大金です。

年収1000万円ってかなりの高額所得者だと思います。

でもね。

この青年たちは、せいぜい23歳くらい。

あと何年生きるのでしょうか?

日本国民の平均寿命(平均ですから。上限じゃあない。)が80歳?

だとすると、この青年たちは、平均的に生きれたとして、あと57年生きることになります。

57年は、2万805日。3食を食うとして、62405食を賄う必要があります。

1000万円無税でもらえるとして、無職で生きるとすると、1食160円。

これは、衣食住の食だけです。衣類も住まいもない。1日一食にガマンして480円。

今、タバコ1箱くらいの値段でしょうか。1日の食費。

それで仕事辞めるんだ〜というこの青年はデートもできないでしょうね。

風呂にも入れないホームレス。


<まとめ> これが笑えるのか?

さてまとめ。果たしてこれが笑えるのかということですけどね。

本屋さんに行くと、投資のコーナーは、少ない元手で何億も儲けたような話のタイトルの本がズラリと並んでいます。

売れ筋ということはそれだけ読者がいるテーマだと思うんですけど、FXとかレバレッジとか目にしませんか?

上記の青年の話が元手が何万になってたり、十数億を得た話にケタが変わってるだけの話。

つまり、真実だとしても、お金が産まれる仕組みがない限り、数少ない数人の「勝ち組」を作るために、数万人、ケタが変わってるから十数万人の「負け組が」必要となります。
要は奪い合いということなんですけど、これが投機です。

数少ない勝ち組になれると思い込んで飛び込んでしまうわけですよね。

一方で、会社の経済活動によって、うまくやれば、会社は成長していきます。

そういう時間の中で、経済活動や技術革新による効率化、人口増加による全体の経済力の膨張の恩恵に預かろうとする、そのお金が生まれて膨らんでいくメカニズムの裏付けがあるのが投資です。地球全体の成長に望みを託す場合は国際分散投資になりますし、個々の企業の成長に望みを託す場合は、個別企業の株式などの投資になっていきます。

成長にいろんな手がかかり、時間がかかるということですよね。

そして、お金の評価も、1000万円で60年近くを過ごす例のように、そのお金はどれくらいの期間で消費するものなのか、で高い、安いが決まってきます。

<結論>

ワタシなりに投機と投資を青年の例で説明してみました。

短時間になるほど、そして大金を狙うほど投機になっていき、勝ち組の夢に目がくらんでしまいます。

長期間になるほど、そしてほどほどのお金を狙うほど投資らしくなっていきます。

漠然と、あればあるほど、あるに越したことはないと考えがちですけど、必要額と時間をかける胆力が投資には必要になりますが、成長の恩恵を授かるという意味で、投資は全員が勝てる可能性を秘めています。必ず儲かるという確約は誰もできませんが、どういう道をいくかということはよく考えて、納得して、責任をもって行動することが必要であると思っています。


<追伸>

投資で失うのはせいぜい自分で出したお金がスッテンテンになる以上の被害は出ませんが、投機は、お金を借りる形で自分の分不相応な規模のお金を動かすため、最悪、自分で出したお金を失うだけでなく、その数倍の借金を背負う可能性が大きいです。

ほんの少しの勝ち組のために、多くの負け組に加わる可能性があります。

FX、レバレッジなど、大きな話には、注意しましょう。ほぼ絶対、勝ち組にはなれません。

2017年3月7日火曜日

相場が上がってる時に買いを入れる気の持ちようについて

最近、相場が高いですね。

ワタシの資産も高値更新が続いています。

でも、相場が高い、低いにも関わらず、ワタシは、

  1. 臨時収入は速攻でスポット買いする
  2. カブドットコム証券の積み立ては、毎日積み立て
の2点を頑固に貫いています。

相場が高い今のような時、

それじゃあ高値掴みで利益が減っちゃうじゃんよ

という懸念というか心の引っかかりやためらいがあると思います。

高値の時に買うというのは、確かに、将来、相場がどうあろうが、利益を減らす行為だと思います。

でもね。

利益に税金がかかるのです。

結局、積み立てようが一括投資しようが、元本は、自分が出したお金です。

そして、利益が出たら利益に税金がかかるのです。

元本、自分が出したお金の金額は変わらない。

利益が出ようが損失が出ようが、出した金額は変わらないのです。

利益が出ていれば税金がかかります。

となると、高値掴みということは利益が減る、つまり取られる税金が減るということです。

そう考えるとどうでしょう?

相場が高くて、一旦積み立て止めとこうか、という風にはならないのでは?

また一括でまとまった金額放り込む時の相場が高かろうが、気にならないのでは?

利益が出るのは嬉しいことです。でもその利益に課税されるのです。

税率が一律でも、利益が多ければ、払う税金増えますよね。

そりゃ、相場が下がってる時に買えば、安く買った分、相場がさらに下がっても、高値掴みした時に比べて損失は少ないのは誰が考えても同じことです。

だからね。躊躇しちゃうんですけど、どうです?

将来、損失が出るということが気になってしょうがないのであれば、投資はやらない方がいいと思います。

ワタシは積み立てで、相場が高い時も低い時も買い続けてますし、臨時収入は、500円から上は何百万円まで場が高かろうが低かろうが躊躇なく買ってしまいます。

ということで。

<結論>

安値で買えて利益がより多く出たら出たで嬉しい。

高値で買ってしまったら、将来、利益にかかる税金が安くて済む。

2017年3月6日月曜日

AI(人工知能)関連ファンドについて


5年目に突入して初記事。

前回、言い忘れたけど、今回で538記事目になります。

丸4年でこの数ですからそんなに頻繁な更新ではありません。

今回は、モーニングスターに、投資信託の2017年2月度の資金流出入ベスト10の記事があったのでそれについて。(下記リンク)

http://www.morningstar.co.jp/fund/fund_flow/summary.html

記事にある通り、トップ10のうち、4本が、AI(人工知能)関連ファンドとなっています。
表中の色のついてる部分。
こういう、投資先のテーマを設けてその範疇で運用するファンドを「テーマ型」の投信またはファンドと言います。

人工知能は最近、チェスや囲碁・将棋で人間のトッププロを負かせたりして注目を集めています。

この他に、業種・業界(セクターと言ったりします)を絞ったファンド・投資信託も、「テーマ型」と言えるでしょう。

例えば、医薬品業界であるとか、生活必需品業界とかですね。

ワタシの私見ですが、テーマ型の投信・ファンドは、投資には不適切と思っています。

人工知能と同じく、少し前にもてはやされた、「シェールガス」関連のファンド・投信も思いっきり「テーマ型」です。

シェールガスは、石油に代わる次世代のエネルギー源として注目され、無尽蔵に採掘できる石油よりも埋蔵量があるんではないか、ということと、安いということでもてはやされていました。

さて。このシェールガスのテーマ型投信の値動きを見てみます。

<世界シェールガス株ファンド:キャピタルアセットマネジメント>
(出典:モーニングスターでの検索結果)

いや〜。パッとしないですね。

衝撃的なデビューというか、金融機関が相当力を入れて売り込んでいたシェールガスのテーマ型ファンド。

このファンドだけじゃないんですけど、テーマ型ってゆうのは、

  • 話題になって投資信託が商品化された時は既に高値にあり、既に儲からない状態にある。
と言われてあまり投資に向いていません。

それに加え、致命的なのは、テーマが絞られているため、コケた時にもう他のテーマの株を買うとか運用の策が取れないということです。

AI(人工知能)関連の株でしか運用しないファンドも同様じゃあないでしょうか?

ワタシも商学部でありながら、卒論は人工知能だったのですが、最近の人工知能はワタシの卒論(1990年)の年よりも進化しておるとはいえ、人工知能自体の爆弾として、既知・既出のことしか答えが出せないことです。

つまり、大量にデータをつぎ込んで「学習」させたとしても、所詮、既に起きたことの寄せ集めを超高速で探してつなぎ合わせるだけのため、未知のことを予言できないのです。

将棋の羽生善治さんが、NHKのインタビューに答えました。

このまま人工知能が発達すると、プロ棋士を凌駕して人間が敵わないレベルに達するのではないか?

確かにそうかも知れないけれど、たったひとつの駒の動きを変えたり、駒を1つ除いたり、新しい動きをする駒をひとつ入れるだけでたぶん、人工知能はまたゼロから学習し直さないといけないけど、人間はすぐ対応するはず。

彼はわかっていると思います。

結局、既存の事象や知見を詰め込むだけのため、ルールを帰れば崩れるということなのです。

人工知能は永遠にその課題は残ることでしょう。

。。。みたいに、テーマ型に乗っかるのは危険です。運用がその範疇にとどまるから。

業界を範囲限定するセクター型と呼ばれるテーマ型の一種も同じです。

ダイバーシティ(多様化)が企業に求められるこのご時世で、なんとか業界の会社です、という会社は、生き残っていけないと言われています。

そこで業界を限定して運用することがいかに無謀かおわかりいただけますでしょうか?

たとえば、Googleって広告会社なんですよね。広告を見せるためにYouTubeやってたり、検索エンジンのGoogleをやってるし、広告を見せるために、AppleのiPhone以外の大半のスマートフォンに入っているAndroidを無償提供しています。

IT業界と言ってもおかしくないダイバーシティ(多様化)ぶりですよね。

テーマ型の投資信託は、売り口上がカンタンなため、金融機関が強烈にプッシュしてきますけど、投資には不向きです。注意しましょう。

堀田かつひこさんが、オススメのインデックスファンドとまとめてくれました。

これが参考になると思います。

http://noload.558110.info/IndexFundSelected.html

<結論>
インデックスファンドにせよアクティブファンドにせよ、テーマ型で運用が限定されていると、そのテーマがコケた時に運用が身動きが取れないから、テーマ型は、投資に不向きである。

<オマケ>
今は売却して他人の手に渡った愛車MR2で、小僧たちをぶち抜く大人げないオッサンの図。
筑波サーキットのファミリー走行会の車載カメラ(動画)です。爆音注意。
※ドライバーはワタシです。

2017年3月3日金曜日

投資・資産運用のワタシの信念

今日、3月3日で当ブログ開設4周年。5年めに入ります。

投資・資産運用のワタシの心構えは、これに尽きます。
(↓YouTubeです。大音量で聴いてください。)

<結論>

行けばわかるさ=行かねばわからない